なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
宮後城(みやうしろじょう)は道端に標柱があります。
訪問日は2014年8月2日です。

宮後城/①周囲
▲城跡の周辺

県道の脇に空き地があり、そこに城址標柱が立っています。
当初はこれだけ撮って次へ飛んで行く予定でしたが・・・

宮後城/②標柱
▲城址標柱

しげしげとこの標柱を眺めていたら、奥の方に何か見えました。
視力は悪いクセに、こういったモノは遠くからでも目聡く反応しちゃいますw
(ちょっと前まで空き地の真ん中に民家があったそうで、その頃だと見つけられていませんね)

宮後城/③説明板
▲説明板

そろりそろりと近づいて行くと、見事予感的中!
城跡についての説明板でしたヽ(´∀`)ノ
しかも色々書かれている立派なヤツです合格

宮後城/④縄張図
▲縄張図

この説明板に描かれている縄張図です。
尾張では二重の堀で囲むのが流行っていたようですね!
ただ、そのド真ん中を道が突っ切っています。
遺構は無いでしょうねあせる


◆歴史◆

安井氏の居城でした。

応永年間(1394~1428年の間)には既に居城にしていたようです。


蜂須賀小六が城主となりました。

1550年頃、蜂須賀小六の父・正利は、織田信秀と争い敗れました。
蜂須賀正利の没後(戦死なのか病死なのか不明)、蜂須賀氏は領地を追われました。
その領地は、蜂須賀正利の正室の実家・大橋氏のものになったとされています。

蜂須賀正利は安井重幸の娘を側室に迎えていました。
名前は安井御前といい、正利の没後は居場所が無くなって実家の宮後城へ戻りました。
この時、安井御前の子で蜂須賀正利の嫡男・小六を連れていました。
蜂須賀小六は安井重幸の家督を継ぎ、宮後城主となっています。

「蜂須賀小六」というと、一般的にはこの蜂須賀正勝を指します。
ただ「小六」は代々の名乗りだそうで、父の正利、子の家政も名乗っていました。
通りがよいので、以後記す「蜂須賀小六」は正勝の事とします。

蜂須賀小六は川並衆として平時は木曽川の水運業、戦時は傭兵部隊を率いていました。
特定の主君には仕えず、独立勢力を保っていました。

安井重幸は浅野氏に養子に出しており、嫡男・長吉が後の浅野長政となっています。
浅野家といえば、豊臣秀吉とはかなり近い身内として有名です。
浅野長勝は安井重幸の子に家督を継がせた他、杉原定利の2人の娘を養女としています。
その次女・ねねが嫁いだのが木下藤吉郎です。

何かややこしい感じになってきたのでザックリ書くと、

安井重継 → 姉・安井御前の子・蜂須賀小六が安井家の家督を継ぐ
浅野長勝 → 安井重継の子・安井長吉(のちの浅野長政)が浅野家の家督を継ぐ
       → 浅野長勝の妻の姉の子で養女・ねねが木下藤吉郎に嫁ぐ

血のつながりはありませんが、世間的には義理の兄弟という事になりますね。

安井重継の事績はわかりませんでしたが、これらの挙動から以下のように推測します。
はじめ斎藤道三に従った後、旗色が悪くなって織田信長に従ったのかもしれません。
養子を送った浅野長勝は、織田信秀・信長のもとで弓頭を務めていたからです。

蜂須賀小六は豊臣秀吉の側近として有名ですが、かなり近い親類でもありました。
また、若い頃の豊臣秀吉は、蜂須賀小六の父・正利に仕えていた時期があったそうです。
墨俣一夜城での蜂須賀小六の活躍は有名ですが、そこに至るまでに色々あったんですね!

1573年、蜂須賀小六が近江国長浜に領地を与えられました。

木下藤吉郎に従って各地を転戦し、武功を重ねました。
そして浅井長政を滅ぼして藤吉郎が長浜城主になると、長浜城下に領地を与えられました。
この時に一度廃城になったのか、だれか蜂須賀氏の一族が住み続けたのかはわかりません。
蜂須賀小六はその後も羽柴秀吉の側近として活躍しました。
1581年には播磨国龍野に5万3千石を与えられています。

1584年、小牧・長久手の戦の後に廃城となりました。

羽柴秀吉方の砦として大改修を受けました。
戦で誰が守り、どのような役割を果たしたのかはわかりませんでした。
織田信雄との和睦成立後、宮後城は破却されたそうです。
まだ蜂須賀小六も存命中なので、本当かな?とは思いますが・・・
城跡にある宮後八幡社は、ここで生まれて徳島藩主となった蜂須賀家政が建てたものです。


所在地:愛知県江南市宮後町上河原

なぽのホームページ/愛知県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。