河田城/愛知県一宮市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

河田城(こうだじょう)も城址碑だけがあります。
訪問日は2014年8月2日です。

河田城/①周辺
▲城址碑周辺

河田城は川沿いの道から「ちょっとだけ」脇に入り込んだ所にあります。どうせなら道沿いのもっと目立つ所に設置すればよかったのに、なんて思います。「たぶんこの辺だったよな~」なんてテキトーにウロウロしてたら見落とすかもしれません。・・・と、見落としてばかりの私が言うのも何ですがあせる手前にあるフェンスが、見事にブラインドの役目を果たしちゃってます。

河田城/②城址碑
▲城址碑

見つけた城址碑はとても立派なものでした。愛知縣・・・ではなさそうですね。いつも不思議に思うのですが、こういうのって誰が設置するのでしょう?場所によっては、2つも3つもある所がありますよねw


◆歴史◆

1584年、羽柴秀吉により築かれました。

小牧・長久手の戦で、羽柴秀吉により築かれました。羽柴秀吉はこの時に数多くの砦を築いたとされます。大坂から出陣して、小牧山城に陣取る徳川家康・織田信雄にジリジリと近づいたんですね。この時、すぐ西の大野城にも堀や土塁を築いています。羽柴軍はさらに南下し、最終的には楽田城に本陣を置きました。戦が終わった後、廃城となった下奈良城の物資が運び込まれました。

河田城の廃城時期がわかっていません。

この辺りでは1585年か1586年に木曽川が大氾濫を起こしています。どっちの年か白黒つけたサイトは見当たらず。とんでもない洪水の筈ですが、200年以上後の史料にしか書かれていないそうで。2年連続でもおかしくないんですけどねwこれにより木曽川の流路が大幅に変わり、尾張と美濃の国境が変更されています。河田城は、この氾濫で流されてもおかしくない位置にありました。

1600年、関ヶ原の戦の前哨戦がありました。

東軍の池田輝政がこの辺りから木曽川を渡り、岐阜城を攻めました。さらに、福島正則はもうちょっと南の加賀野井辺りで渡河しています。岐阜城の織田秀信(織田信長の嫡孫)は東軍の進撃に備えていましたが・・・東軍がどこから木曽川を渡るか予測がつかず、川沿いに兵力を分散せざるを得ませんでした。ということは、ここは木曽川を渡るポイントだったんですね!なぜここにお城が築かれたのか、今更わかりましたwただ、この頃にはもうお城は既に無かったようです。

1963年、河川改修工事のため、完全に消滅しました。

それまではお城の遺構がまだ残っていたそうです。・・・ということは、流されてなかったのでしょうか?どんな遺構だったのかはサッパリ?ですけどあせる


所在地:愛知県一宮市浅井町

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示