井関城/愛知県北名古屋市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

井関城もお寺になっています。
訪問日は2014年8月3日です。

井関城/①全昌寺
▲全昌寺

訪ねる前のリサーチでは、井関城跡には全昌寺があるということでした。そこでそれっぽい所を訪ねると、その通りのお寺がありました。尾張の平城の宿命と言うべきか、お城があったという雰囲気すら感じられません。でも、お寺はお寺として威厳が感じられます。

これ書きながら地図を眺めていると、すぐ西に同じ名前のお寺を見つけました。嫌な予感がタラタラして来たので、ちょっとググり直してみました。すると、井関城跡を西の全昌寺と東の全昌寺(ココ)とするサイトが半々ずつ。すぐ近所に同じ名前のお寺が2つあると書いてるサイトは皆無。皆さん、自分が見てきた所しか頭にないご様子です。(ヒト様の事は言えませんけど)

じゃぁということで、超久しぶりに『日本城郭体系』を開いてみました。こういうのは行く前に見ようよ!って、1年以上前のおいらに言いたいですあせるその結果は・・・・・・載っていませんでした。

あらためて地図を見ていると、ちょっと不自然な事に気づきました。周囲は綺麗に縦・横に道が通っていますが、ここの周りだけ形がいびつになっています。もしかすると、周りはかつて水田で囲まれており、その中に浮かぶ微高地だったのでしょうか。そうだとすれば、西と東の全昌寺はどちらも城跡という事になります。とまぁ、無理やり丸く収めてみますw

井関城/②危ない幼稚園児
▲お願いします

こちらのお寺は幼稚園もあるのでしょうか。このような看板が掲げられていました。意味はわかります。わかります。何となく。でも、お願いはされたくありませんwww


◆歴史◆

1479年、佐々成宗が築城したと伝わります。

佐々成宗は佐々成政の父とされる人物です。が、余りに歳が離れすぎているように思えます。この年に城を築いた人物の子が、47年後(1536年)に生まれるのは不自然だからです。間にもう1、2代あっても不思議ではないのですが、系図上は親子として書かれています。

佐々成宗は近江国余語庄の国人でしたが、斯波氏に仕え尾張に移って来たそうです。もともとは余語盛政と名乗っていましたが、成宗の代から佐々姓を名乗りました。近江の佐々木一族ということなので、六角氏や京極氏の一族ということになります。

この年代は応仁の乱の直後です。尾張では斯波義廉・織田敏広と斯波義敏・織田敏定が争っていました。最終的には斯波義敏の子・義寛が尾張守護となり、織田氏は守護代として尾張を二分しました。地理的に井関城は清州城に近いので、織田敏定に仕えていたと思われます。

天文年間(1532~55年の間)はじめ頃、佐々成宗が比良城を築き移りました。

佐々成宗は南東約2kmの所に比良城を築いて移りました。井関城は佐々成宗の長男・佐々政次が継いでいます。1536年に比良城で佐々成政が生まれているので、それまでには移ったことになります。

1542年、小豆坂の戦で佐々一族が活躍しました。

織田信秀が三河を攻めた小豆坂の戦で、佐々政次・孫介兄弟が活躍しました。ということで、この頃には既に織田弾正忠家に仕えていたことになります。小豆坂七本槍に佐々成政の兄が2人とも選ばれています。

1556年、佐々成政の次兄・佐々孫介が稲生の戦で討死しました。

次兄・佐々孫介が稲生の戦で討死しました。この戦いは織田信長と弟・信勝(=信行)の戦いで、佐々氏は信長方として戦っています。佐々孫介は柴田勝家の軍勢に討たれたそうです。

1560年、佐々成政の長兄・佐々政次が桶狭間の戦で討死しました。

桶狭間の戦で、佐々政次が討死しました。井関城はこのため廃城になったとされますが・・・佐々政次の子・清蔵が跡を継いだと思われます。清蔵は織田信忠とともに本能寺の変で討死しました。


所在地:愛知県北名古屋市井瀬木(全昌寺)

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示