下社城/名古屋市名東区 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

下社城跡には明徳寺があります。訪問日は2014年8月4日です。

下社城/①明徳寺
▲明徳寺

あの柴田勝家が生まれたお城です音譜それだけでどんな所なのか興味津々。辿り着いてみると、これはこれは武骨なお寺です恋の矢恋の矢恋の矢攻め寄せる者を寄せ付けない石垣。その上から矢を射掛けるような腰郭。そして、登って来る兵を足止めさせ、三方から矢を浴びせるような門。・・・いろいろ見えちゃいましたあせる

下社城/②石碑と説明板
▲石碑と説明板

ルンルン気分で石段を登ると、柴田勝家公誕生地の石碑と説明板がありました。分かりきってはいますが、これがあると更に気分が高まります合格
ちょっと意外なのは、その城跡にあるお寺が浄土真宗だということ。・・・きっと何か訳アリなのでしょうw

下社城/③城址碑
▲城址碑

そして!立派な城址碑もちゃんとあります!!もう至れり尽くせりラブラブ朝の6時からテンションアップアップアップになってしまいました^^


◆歴史◆

1530年に柴田勝家がこのお城で生まれました。

柴田勝家の生年には諸説あり、1522年、1526年ではないかとも言われています。既にその時には下社城があったということですねw柴田氏はもう1つ、一色城も持っていました。こちらは1501年までに柴田勝重により築かれています。

柴田氏の出自はわかっておらず・・・越後の新発田から尾張の斯波氏を頼って来た、なんて説もあります。新発田氏は斯波氏ではなく佐々木一族なので、何の脈絡もありませんがw

一色城を築いた柴田勝重も、柴田勝家の祖父または曽祖父と言われています。勝家以前で名前が出てくるのが勝重だけなんですね。孫が生まれる27年前に亡くなっていますから、曽祖父とみるのが自然かもしれません。

1575年、廃城となりました。

柴田勝家が北陸軍団のトップとなり、越前北ノ庄に移ったことによります。しかし、柴田一族の一部はこの辺りに残ったのかもしれません。それは、1584年の小牧・長久手の戦で、羽柴軍により一色城が焼き討ちにあっているからです。ただの気晴らしだったのかもしれませんが・・・この時一色城内にあったお寺は焼かれなかったそうなので、そんな気がしました。


所在地:愛知県名古屋市名東区陸前町(明徳寺)

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示