猪子石城/名古屋市名東区 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

猪子石城(いのこしじょう)跡には神明社と月心寺があります。訪問日は2014年8月4日です。

猪子石城/①神明社
▲神明社

猪子石城のあった所は神明社と月心寺のある場所とされています。確かに周囲よりも若干高く、段差があります。写真は加工してかなり明るく見えますが、当日最初に尋ねた城跡で、まだ朝5時前ですw

猪子石城/②月心寺
▲月心寺

月心寺の辺りは更に周囲よりも高くなっています。遺構が無いのは知っていましたが、雰囲気だけでもつかめれば・・・神明社と月心寺の周りの道が若干周囲より窪んで見えます。もしかしたら、道が堀跡なのかもしれないと思いました。


◆歴史◆

戦国時代に横地秀次により築かれました。

横地秀次は植田城主・横地秀重の弟です。・・・と言ってもピンと来ませんねあせる年代的には、織田信長が家督を継いでから桶狭間の戦い頃と推測されます。植田城はちょっと南の名古屋市天白区にありました。地図で見ていると、柴田氏の支配地域を南北からに挟む格好となっています。どういう目的で当地に新たな城が築かれたのかはわかりませんが^-^;;;織田信長亡き後は、尾張の領主となった織田信雄に仕えたようです。(『織田信雄分限帳』に合計290貫の知行高が記載されています)

1584年、廃城となりました。

羽柴秀吉と織田信雄・徳川家康が小牧・長久手で戦いました。この時、横地秀次は池田恒興の道案内をしていました。池田恒興は羽柴秀吉方であり、主君である織田信雄の敵です。その経緯は不明ですが、近所に住んでいたからでしょうか?w

その池田恒興は、長久手で討死しました。道案内をしていた大将が討たれた横地秀次は、猪子石城ではなく美濃へと逃れました。流石に戦場のすぐ近くなので、おいそれとは帰れなかったんですね・・・横地秀次は美濃国曾木村(現在の岐阜県土岐市)に逃れ、子孫はその地に土着しました。


所在地:愛知県名古屋市名東区神月町(神明社・月心寺)

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示