一色城/名古屋市名東区 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

一色城跡には貴船神社と神蔵寺があります。訪問日は2014年8月4日です。

一色城/①貴船神社
▲貴船神社の入口

柴田勝家の祖父が築いた一色城音譜それだけでワクワクしちゃいます恋の矢まず目指したのは貴船神社。その入口は、急斜面を真っ直ぐ登る階段です。これを見ただけで、要害の地だったんだと納得しました。

一色城/②神蔵寺
▲神蔵寺の入口

その東隣に神蔵寺があります。その入口は二又に分かれています。車で上がれる坂の左側は、階段状になっています。これはもしや、郭の跡でしょうかラブラブ

一色城/③神蔵寺本堂
▲神蔵寺の本堂

階段を登り切った所に神蔵寺の本堂があります。真新しい本堂よりも、手前の鐘に目が行ってしまいます。なぜって、櫓に見えますから。そろそろ眼科に行かないとダメでしょうか?www


◆歴史◆

柴田勝重により築かれました。

柴田勝重は柴田勝家の祖父に当たります。しかし、それ以前の出自は不明です。一色氏の一族で、越後の新発田から移って来たなんて説があります。どこまでが本当かわかりませんがw

築城を命じたのは尾張守護の斯波氏で、駿河の今川氏に備えたものだそうです。この「斯波氏」は斯波義寛かその子・斯波義達、またはその両名と思われます。今川氏親が斯波氏の領国である遠江に侵攻し始めたのが、斯波義寛の代の1494年です。代替わりした斯波義達も、遠江を巡って今川氏親との戦を続けます。しかし、遠江遠征に反対する守護代・織田氏との間で、次第に対立が生じました。そして1515年、斯波義達が今川軍に大敗して捕虜となりました。斯波義達は今川氏親の情けにより、剃髪のうえ尾張に帰されました。一国の主が捕まった上、坊主頭にされて帰されるなんてかなりの屈辱ですね!これにより、斯波義達は尾張国内での支配力を失い、織田氏が台頭するきっかけとなりました。

一色城が築かれた頃の尾張は、こんな感じだったと思います。「一色城」でググッてもサッパリだったので、城跡にある「神蔵寺」でググッてみました。そしたら詳しいの出てきました^^

神蔵寺は柴田勝重が1501年に城内に建立したのだそうです。草創開山は雲岫麟棟和尚で、曹洞宗なのだとか。そして、柴田勝重は1503年7月2日に没しています。・・・てことは、築城は1494年から1501年の間ですねメモ

柴田勝重の孫とされる柴田勝家は、1522年か1526年か1530年に、近くの下社城で生まれました。柴田氏はこの辺り一帯の防衛を任されていたんですね!ただ、柴田氏は勝家以前がサッパリで、勝重の子で勝家の父親の名がわかりませんでしたあせる

柴田勝家が生まれた後も、一色城は城として使われていたようです。1584年にこの辺りで小牧・長久手の戦があり、その時に羽柴軍により焼かれています。柴田一族の誰かが織田信雄配下として参戦していたのでしょうね。


所在地:愛知県名古屋市名東区一社3丁目(神蔵寺・貴船神社)

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示