押切城/名古屋市西区 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

押切城は白山神社または妙見寺の辺りにあったとされます。
訪問日は2014年8月3日です。

押切城/①白山神社
▲白山神社

押切城がどこにあったかは2つの説があるそうです。その1つは白山神社です。押切城でググると大抵ここを紹介しています。神社の道沿いの塀には簡単な説明板もぶら下がっていました。

押切城/②妙見寺
▲妙見寺

もう1つは白山神社から南東300mちょっとの所にある妙見寺辺り。大きな交差点の北東の角にあります。最初来た時はお寺どこだ?なんてキョロキョロしてました。何となくお蕎麦屋さんに見えたのであせるこのお寺の北側というのですが・・・ガッツリ市街地となっています。


◆歴史◆

鎌倉時代初期に大屋佐渡守により築かれました。

平安時代末期、源氏と平氏が戦っていた頃、尾張国衙に大屋安資という人物が居ました。大屋佐渡守は大屋安資の一族と考えられています。

尾張国衙の在庁官人はほぼ全て平家に味方しましたが、大屋安資だけは源氏に味方しました。尾張での源平の戦況を逐一鎌倉へ報告し、源頼朝の重要な情報源になっていたそうです。その功が認められ、大家安資は尾張守護に補任されました。

・・・とは言っても、後の守護とは少し性格が違います。一般に認識されている国主のような「守護」は1191年に始まりました。大屋安資が尾張守護となったのは、それよりも約10年前です。当時の守護は「惣追捕使」とも呼ばれ、非常時に設置されました。はじめは関東周辺に置かれ、源頼朝の勢力が西へ拡大するにつれて徐々に増えました。ただ、源平合戦が終わると「惣追捕使」は停止されました。

大屋氏は大屋城を本拠とし、室町時代まで続いています。

1532年頃、那古野城陥落とともに廃城となりました。

この時の大屋氏当主は大屋秋重で、今川氏豊に従っていたそうです。織田信秀が今川氏豊の那古野城を攻略した際、織田方に攻められて落城し、廃城となりました。この時期は1532年だったり1538年だったりと諸説あります。

その後、1560年にあった桶狭間の戦いの際、織田信長が白山神社で戦勝祈願をしています。


所在地:愛知県名古屋市西区押切2丁目(白山神社・妙見寺)

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示