御器所西城/名古屋市昭和区 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

御器所西城跡には尾陽神社があります。
訪問日は2014年8月3日です。

御器所西城/①尾陽神社
▲尾陽神社

城跡の尾陽神社です。段差になった地形がそれっぽくてイイですね!この中に城址碑と説明板も写っているのですが、わかりますか?

御器所西城/②城址碑
▲城址碑

城址碑は右の方にあり「尾陽神社」と刻まれた碑です。この石碑の側面にホラw裏側だったら見つけられませんでした。

御器所西城/③説明板
▲説明板

説明板はと言うと、左の大きな白い板ではなく、鳥居の右脇にある狛犬の陰にあります。これはちょっと・・・・なぜか「御器所城を探せ」的な感じになっていますw


◆歴史◆

嘉吉年間(1441~44年の間)、佐久間美作守により築かれました。

佐久間美作守は御器所西城を築き、御器所一帯を治めていました。御器所八幡神社に1441年に修繕を行った際の棟札が残っています。神社は御器所荘の総鎮守として祀られ、佐久間氏が度々修繕しているそうです。佐久間美作守は佐久間盛通の外祖父なんだそうです。

西・・・というと東も気になりますよね?実は東もありました。直線距離で300m程東で、現在は住宅街となっています。城主は佐久間氏の家臣・服部将監でした。

1556年、稲生の戦いで佐久間大学允が織田信長に味方しました。

当時の城主は佐久間大学允(盛通の子)で、織田信勝(=信行)の家老を務めていました。しかし、織田信長・信勝兄弟で戦が避けられない状況になると、信長に味方しました。

・・・この辺の動きが複雑ですよね?w
織田信長の家老・林兄弟が信勝に、信勝の家老・佐久間大学允が信長に味方したのです。誰の家臣になるかなんて選べない時代、こんな時だからこそ意思表明したのでしょうか。

1560年、佐久間大学允が桶狭間の戦いで討死しました。

今川義元が討ち取られたことで有名な戦ですが、当然織田方にも犠牲は出ました。佐久間大学允は丸根砦を守っており、松平元康(後の徳川家康)に攻められ討死しました。

子の佐久間盛昭が跡を継いだと思うのですが・・・この人の事はよくわかりません。織田信長の馬廻衆から、丹羽長秀の家臣となり、奥山へと改姓するようです。奥山は先祖ゆかりの地である越後の地名なのだそうですが、上総じゃないんですね?wこの改姓がいつなのか?ですが、これを機に御器所西城を近い一族に譲ったのでしょうか。

近い一族だと、佐久間大学允の従兄弟である佐久間盛次でしょうか。盛次の子・盛政は御器所西城で1554年に生まれています。母親は柴田勝家の姉なんですけどねw

佐久間盛政が居城とした後、廃城となりました。

佐久間盛政は伊勝城を築いて居城としていましたが、御器所西城に移ったとされます。これがいつなのかがサッパリですが┐(´∀`)┌伊勝城の方でも書いたのですが、この辺の経緯がわかりません。伊勝城を築いたのが天正年間(1573~)で、越前に移ったのが1575年だからです。両城ともに、佐久間盛政が居城とした時期はかなり短かったものと思われます。廃城時期も不明です。

こんな時は、今ある神社仏閣の縁起を辿ったりするんですが・・・尾陽神社が城跡に創建されたのは1910年、明治時代末なんだとか。それまでここはどんな状態だったのかもわかりませんでしたあせる


所在地:愛知県名古屋市昭和区御器所2丁目(尾陽神社)

愛知県の城跡/なぽのホームページを表示