福平城/長野市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

福平(ふくだいら)城は蕎麦で有名な戸隠にあったお城です。
訪問日は2013年8月1日です。

福平城/①再
▲ココを右折します

戸隠は山奥で、全般に道が細いです。集落の中で特に案内も無く道が分岐しまくるので、ココに辿り着くのも大変でしたあせるココまで来れば城跡はもうスグです。

福平城/②お城の案内
▲案内

この案内、ここにしか無いんですw

福平城/③神社
▲神社

道を登り切った所に神社があります。鳥居が冠木門に見えてしまう辺り、そろそろ目までヤラレ始めたようです・・・説明板があるので、場所は合っていたんだと安心しました合格

福平城/④主郭
▲主郭からの眺め

鳥居の所で回れ右して見えた風景です。こうやって見ると主郭の下に2段の郭があったんだなぁと想像出来ます。そして、ここからは戸隠の集落が一望出来ました。カメラアングルもう少し上げた方が良かったですねあせる

福平城/⑤説明板
▲社殿脇にある説明板

社殿の脇には古びた手書きの説明板が立て掛けてありました。もしかすると、以前は鳥居脇にこれがあったのかもしれませんね。新しい物を設置したからといって捨てないのはグッド!ですね^^

この社殿の裏の山中に、空堀や土塁が巡らされているそうです。無知とは悲しいもので、当時そこまで調べてなかったので見逃していますT_T


◆歴史◆

今井兼平の城だったという伝承があります。

今井兼平(1154~84)は木曽義仲四天王の一人で、文武両道の武将でした。この伝承の根拠は付近の今井という地名と、周辺に今井姓の方が多く住んでるからだそうです。伝承で「今井兼平の城」と言われている所は各地にあり、人気の程が窺えます。

戦国時代は溝口氏の城だったとされます。

戦国時代は溝口氏の城だったとされ、別名・溝口城とも呼ばれます。ただ、城主の溝口氏については何もわからずあせるすぐ南東にある円光寺が領主の屋敷跡とみられますが、こちらも主がよくわかっていません。

戦国時代に武田信玄と上杉謙信が川中島で戦っており、戸隠も戦火に見舞われたそうで・・・そのため戸隠一帯は荒廃し、復興されたのは江戸時代に入ってからだそうです。


所在地:長野市戸隠栃原

長野県の城跡/なぽのホームページを表示