御嵩城(権現山城)/岐阜県御嵩町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

御嵩城と呼ばれるお城は2つあります。
次は本陣山城の東隣にある権現山城です。
訪問日は2013年8月2日です。

御嵩城(権現山城)/①案内図
拡大表示(北が上です)

権現山城と呼ばれる方の「御嵩城」は、本陣山城と比べるとグンと城跡っぽい雰囲気です。案内図がとても公園っぽいのですが。写真をちゃんと見たら、案内図の上に「金峰ふれあいの森」と書かれていました。城跡っぽくないのですが、何となく雰囲気は・・・掴めませんねあせる

御嵩城(権現山城)/②登城路
▲登城路(北口)

城跡へは案内図の右上にある「北入口」から登りました。遊歩道っぽくなっていますが、本陣山城みたく車道じゃないのでよしとします。山城にしてはかなり綺麗で歩きやすい登城路です。

御嵩城(権現山城)/③郭
▲郭らしい地形

斜面を登って折り返すと、平らな所に辿り着きます。平らな所はいくつもあって、きっと郭の跡なんでしょうね。そう思いながら見ていると、土塁や空堀っぽいものが見えてきます。・・・半分は不治の病のせいだと思いますけど。

御嵩城(権現山城)/④本丸
▲ある郭の様子

でも、この写真の郭の端には、土盛りっぽいのが見えますよね!多分城キチさんなら、これは「土塁だ」と言ってくれると思います。ほんの少しだけでも味方になってくれる人がいると嬉しいですが・・・

御嵩城(権現山城)/⑤城跡っぽい地形
▲振り返ると城跡らしい地形

上の郭からUターンすると、今度は窪んだ地形に土橋が渡されているように見えました。もう、スイッチ入ると色んなものが見えてきちゃいます。それはおいら一人に限った事ではないと思いますラブラブ

御嵩城(権現山城)/⑥堀切
▲堀切

でも!これはダレがどう見ても堀切ですよね?こればかりは譲れません。堀切という事にしておきます ヽ(`д´;)/

御嵩城(権現山城)/⑦金峰神社
▲金峰神社

神社が鎮座している所が本丸です。金峰神社って縁起良さそうな名前です。でもお祈りしてくるの忘れました。テンションちょっち上がってて、平常心では無かったのだと思います。酔っぱとは違うので、クルマはちゃんと運転出来るレベルですが。

御嵩城(権現山城)/⑧神社の参道
▲神社の参道

さて、テッペンまで登ったらあとは帰るだけ。ふと脇を見たら、麓まで一直線に降る石段がありました。神社って全国的に斜面一直線の所が殆どなんですね。


◆歴史◆

築城年代不明、小栗氏が居城としていました。

御嵩城の歴史はサッパリわからず。その末期だけが何とか分かる感じでした。あまりにわからないので1日中メラメラでした。陽が暮れちゃったのでギブアップです。

天文年間(1532~54年の間)に小栗信濃守が本陣山城を築き移りました。

戦国時代、小栗信濃守が居城としていました。天文年間の美濃は、土岐頼純・頼芸の家督争いと、斎藤道三の国盗りの時期です。小栗信濃守はより堅固な城砦が必要となり、本陣山城を築き居城を移しました。その時期もあまりはっきりしませんが、その後の権現山城の扱いも不明です。すぐ近くで敵に占拠されても厄介なので、守備兵力は残したと思われます。

・・・ということで、廃城の時期についてもサッパリわかりませんでした┐(´∀`)┌チョットだけムキになって調べました。金峰神社を調べれば何か出てくるかな?と思いまして。

本丸跡にある神社の創建された年は不明ですが、1649年に再建されています。当時の神社は「蔵王権現」と呼ばれていましたが、明治元年に「金峰神社」に改称しています。う~ん、やっぱりわかりませんあせる


所在地:岐阜県可児郡御嵩町御嵩

岐阜県の城跡/なぽのホームページを表示