なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
久々利城は郷土歴史館の正面から登ります。
訪問日は2013年8月2日です。

久々利城/①登城口
▲登城口

郷土歴史館から道を挟んだ所に、写真の登城口があります。
まだ朝早くて郷土歴史館は開いていませんでしたが、駐車場をお借りしました。
城跡の目の前ということは、久々利城の資料もありそうですね!

久々利城/②城址碑と説明板
▲城址碑と説明板

そして登城口には城址碑と説明板もあります!
ただ・・・説明板の方は日に焼けて文字がうっすら。゜(゚´Д`゚)゜。
あれば載せたい縄張図も、トレースでもしないと見えません。

久々利城/③登城路
▲登城路

登城路はよく整備されていて、真夏でも歩きやすかったです。

久々利城/④井戸
▲井戸

登城口から登ること3分。
郭らしき広い場所に出ました。
そこには石で囲まれた井戸が。
白い服着た人居たら怖いので、中は見ませんでした。

久々利城/⑤堀切っぽいところ
▲堀切っぽい所

更に進むと堀切っぽいのがありました。
堀切じゃないかもしれませんが・・・
堀切かもしれませんw
他にも土塁らしきものもありました。
遺構がはっきりしないのは、廃城後に破壊されたのでしょうか?

久々利城/⑥一番高い所
▲一番高い所

更に進むと物見台らしき場所に出ました。
登る道無いかな?と道を進もうとしましたが、竹薮に阻まれ進めず。
その竹薮には、城跡保存のために竹を枯らす実験をしていると貼紙がありました。
もう1年半前の事なので、今頃は竹が減ってるかもしれませんが。

周りに上がる道が無いということは、十八番の直登か?
そう思って登ろうとしましたが、傾斜がきつい上に滑りやすくて登れませんでした。
お城としての防御力はまだまだ健在だったようですw


◆歴史◆

延元・正平年間(1336~70年の間)土岐康貞により築かれました。

土岐康貞は美濃守護・土岐頼康の弟です。
土岐氏は足利義満にハメられて内部分裂した後、西美濃の分家が宗家となりました。
土岐康貞が美濃東部に配置されたのは、支配を強化するためと思われます。

康貞の跡を継いだ康頼からは、地名をとって久々利姓を名乗るようになりました。
また、康頼の弟たちにも領地が分知され、宇田氏・羽崎氏を名乗るようになりました。

1565年、織田信長の軍門に降りました。

織田信長が東美濃を制圧し、烏峰城に森可成が配置されました。
久々利氏をはじめ、東美濃の土豪達は森可成の配下となりました。

1583年、久々利氏が滅ぼされました。

前年の本能寺の変で織田信長が没すると、東美濃では森長可を排斥する動きがありました。
それまでの森氏の支配に不満があったのか、空白地になると当て込んだのが外れたからなのか・・・
理由はよくわかりませんが、東美濃の大族・遠山氏や久々利氏が中心となりました。
ただし、この動きにはまとまりが無かったようで、森軍は各豪族を各個撃破しました。
しかし、この時森軍は久々利軍とは和睦して一旦矛を収めています。

翌年、森長可は軍議を開き、久々利頼興も出席しました。
軍議の後に宴会が催されましたが、帰途についた久々利頼興は暗殺されました。
森長可はその日の内に久々利城に攻め寄せて制圧。
久々利一族は城を脱出したようですが、その後の足取りは不明です。
久々利城には戸田勘左衛門が城代として配置されました。

1600年、廃城となりました。

関ヶ原の戦いの前ですが、森忠政が信濃川中島へ加増移封となりました。
この加増は、石田三成と徳川家康が対立した際、徳川屋敷の警護に対するものです。
川中島は海津城を中心とする地域で、本能寺の変直前に森長可が与えられた所です。
森忠政はこの地への移封を希望したそうです。
主家の移封に伴い戸田勘左衛門も信濃に移ったため、久々利城も廃城となりました。

ちなみに、新しい任地に着いて最初に森忠政がやった事は、先代である兄の仕返しだそうです。
本能寺の変で織田信長が横死すると、地元の土豪達はこぞって織田軍を襲ったからでした。

所在地:岐阜県可児市久々利

なぽのホームページ/岐阜県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。