伏屋城/岐阜県岐南町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

伏屋城は別名・一夜城とも呼ばれています。訪問日は2013年7月28日です。

伏屋城/①説明板
▲説明板

小さな路地の道端に説明板が1枚あります。これが目印です。特に案内などはありません。

伏屋城/②土塁
▲土塁

その説明板から奥の方を覗き込むと、竹薮の向こうに土盛りが見えました。土塁かな?と思ってとりあえず撮った1枚です。・・・土塁ですあせる柵などは無いのですが、何となく庭先のような気がして中には入りませんでした。

伏屋城/③近くを流れる川
▲近くを流れる川

伏屋城の北側には、東西に流れる小川があります。きっと堀の役割をしたんだろうなーなんて、誰でも考えそうなこと思いながら撮りました。


◆歴史◆

木下藤吉郎により築かれました。

ここも織田信長の美濃攻略のため、木下藤吉郎により突貫工事で築かれました。そのため、別名は一夜城なのだそうです。秀吉による一夜城はあちこちにあります。知ってる所は墨俣、伏屋と相模の石垣山に筑前の益富城。まだまだ他にもありそうです。それだけ人を使うのが上手だったという事ですね。

1584年、小牧・長久手の戦いでも砦として使用されました。

もともとが美濃攻略用でしたからね。日常的に暮らして統治するためのお城ではなかったと思います。小牧・長久手の戦いでは、秀吉側の砦として伏屋市兵衛が守りました。伏屋市兵衛は織田信長、織田信忠に仕えていたそうです。

この戦いは羽柴秀吉と徳川家康・織田信雄の間で行われました。美濃は秀吉側の池田恒興、尾張・伊賀・北伊勢は織田信雄が支配していました。

Wikipediaなどなどは「秀吉方の最北端の砦」と書かれていましたが・・・羽柴秀吉は犬山城、徳川家康は小牧山城に陣取ったからですね。美濃攻めの拠点として築かれたお城が、美濃を守る最後の砦として使われたのです。


所在地:岐阜県羽島郡岐南町伏屋4丁目

岐阜県の城跡/なぽのホームページを表示