吉田城/岐阜県大垣市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

吉田城跡は慈渓寺となっています。
訪問日は2013年7月28日です。

吉田城/①正面から
▲慈渓寺と城址碑

吉田城は別名・北方城とも呼ばれています。吉田城としての遺構はよくわかりませんが、お寺の山門脇に城址碑があります。たまに思うのですが、お寺も見ようによってはお城っぽく見えることがあります。今度眼科に行ってみようかな・・・

吉田城/②左斜め前から
▲左斜め前から

でも!これは多分私だけの錯覚ではないかも。ガッチリした塀に囲まれててイカツイ門があって・・・

吉田城/③水路
▲周囲の水路

そして、 堀 水路に囲まれています。これってもはや、もう、いや間違いなくビョーキですwww


◆歴史◆

吉田久ぞうにより築かれたとされます。

年代、築城者ともよくわかりません。この吉田「きゅうぞう」という人物がクセ者で・・・吉田休三が一番有名らしく、南北朝時代に築かれたとするサイトもあります。また、吉田「宗ぞう」や「久ぞう」とう名前も登場して、もうよくわかりませんあせる

更に混乱に輪を掛けているのが「北方城」という名前。知ってるだけで4つあります。色んなサイトを見て回ると見事に混ざっていますw

一番それっぽいのは『土岐斉藤軍記』の「安八郡三津屋北方城主、吉田久ぞう」かも。1567年の事について記されているのだそうです。

1600年、関ヶ原の戦いで城主・木村勝正が大垣城で討たれました。

吉田城の名前がもう一度登場するのが、関ヶ原の戦いの時の大垣城です。この時大垣城には西軍が篭っていました。本丸には石田三成の妹婿・福原直高。二の丸には熊谷直盛・庄兵衛親子、垣見一直、木村勝正・伝蔵親子。三の丸には相良長毎 、秋月種長、 高橋元種が居ました。

さて、関ヶ原本戦で西軍が敗れたため、城内はかなり動揺していたようです。井伊直政や水野勝成らの誘いに乗り、三の丸の九州勢が東軍に内応しました。そして軍議と称して二の丸を守備していた5人を殺害し、東軍を引き入れて本丸を制圧しました。

後日談として相良長毎は、1632年に自らの菩提寺に石田三成と5人を供養する石塔を建てました。生き残るため仕方なかったとしても、心の奥底にずっと引っ掛かっていたのでしょうね。


所在地:岐阜県大垣市北方町1丁目

岐阜県の城跡/なぽのホームページを表示