なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
山本城跡は田んぼの中にほんの一部分だけが残されています。
訪問日は2012年8月6日です。

山本城
▲郭の一部分が田んぼの中に残されています

田んぼの中にポツンと残された郭の一部に石碑が建っています。
訪問した時にはそのイメージ通りだったので、この1枚しか撮りませんでしたが・・・
反対側にも道があって、説明板まであるそうです_| ̄|○


◆歴史◆

平安時代末頃、石黒氏により築かれました。

石黒氏は越中の名門で、石黒荘(礪波郡一帯)を支配していました。
源平の戦いでは木曽義仲に味方し、倶利伽羅峠の戦いで大活躍しました。
石黒太郎光秀の次男・石黒宗五郎の系統が山本村を治めていたそうです。

1481年、石黒氏が滅びました。

この年、一向一揆と石黒氏が山田川で戦い、石黒氏が滅ぼされました。
以後、礪波地方は一向一揆が治めることとなります。
尚、石黒氏は木舟城などに庶流が存続し、加賀前田家に仕えた子孫も多数居ます。

1580年頃、佐々成政の持ち城となります。

1570年代後半、織田信長は一向宗が支配していた加賀を制圧しました。
一方、越中に影響力のあった上杉謙信が1578年に没し、上杉家中で家督争いが始まりました。
そのため、織田信長が越中へ本格的に侵攻するようになりました。
その先鋒を務めたのが佐々成政で、1582年には魚津城を陥落させ、越中を制圧しました。

1585年頃、廃城になったと考えられています。

その佐々成政も、織田信長が没した後は羽柴秀吉と争うようになりました。
そして1585年、姓を豊臣と改めた秀吉に討伐され、越中の大半を没収されました。
その領地は前田利家に与えられたため、軍事拠点としての役割を終えたものと思われます。

昭和40年代の圃場整備で、城跡の大半が消滅しました。

圃場整備までは郭が残っていたそうですが・・・
圃場整備の時に、郭の東西が削り落とされたそうです。


所在地:富山県南砺市山本

なぽのホームページ/富山県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。