藤島城/福井市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

藤島城跡は西超勝寺となっています。訪問日は2012年8月6日です。

藤島城/01西超勝寺山門
▲西超勝寺山門と城址碑

地図を見たら簡単そうに思えましたが・・・西超勝寺をめざして右往左往。意外と道が分かりづらかったと記憶しています。最終的には大きなお寺の裏側に辿り着いて、山門をみて「あぁ!」だったかと。

よそさまのサイトでは、境内に土塁の痕跡の写真が掲載されています。ほんの1年半前ではありますが、私はまだ城キチとして半覚醒状態・・・城址碑だけ撮って満足し、次へ行ってしまいました (((´・ω・`)


◆歴史◆

築城年や築城者は不明です。

1338年、藤島の戦いで新田義貞が討死しました。

藤島の戦いは、北朝方の足利高経(斯波高経)と南朝方の新田義貞の戦いです。その頃の越前の形勢は南朝方がやや優勢でした。

前年に金ケ崎城を足利高経に攻め落とされ、新田義貞は嫡男を討たれていました。新田義貞は杣山城で軍勢を立て直して金ケ崎城を奪還し、越前各所で勝利しました。府中を追われた足利高経が次に拠点としたのが足羽七城の1つである小黒丸城でした。

閏7月2日、新田軍は藤島城を総攻撃していました。しかし、落城の報告が来ないため、新田義貞は50騎程で様子を見に行きました。
そこへ、小黒丸城から藤島城への援軍300と遭遇戦となりました。義貞ら50騎は弓を持っていなかったのに対して、敵兵は雨のように弓矢を浴びせました。しかも、田んぼで足をとられた義貞は、格好の的となって討たれてしまいました。これが藤島の戦いです。

その後、越前の南朝方は新田義貞の弟・脇屋義助が指揮をとりました。しかし劣勢は覆らず、3年後の1341年に越前から撤退しました。

藤島城は足羽七城の1つで、これらの城はお互いに攻守で連携するようになっていました。足羽七城は小黒丸城、勝虎城、藤島城、波羅蜜城、安居城、江守城、北庄城です。

その後、城跡には超勝寺が建立されました。Wikipediaでは応永年間(1394~1428年の間)に綽如により創建されたと書かれています。しかし、そのままリンクをポチってみると、綽如は1393年に没していますwww綽如の子・巧如が弟・屯円を超勝寺に配して拠点としたので、年代は合ってそうです。

その後、1602年に本願寺が東西に分裂した際、藤島城跡の超勝寺は西に付きました。そのため、お寺の名前も西超勝寺となりました。


所在地:福井市藤島町(西超勝寺)

福井県の城跡/なぽのホームページを表示