千手城/福岡県嘉麻市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

千手城跡には千手八幡宮があります。訪問日は2013年12月31日です。

千手城/①千手八幡宮鳥居
▲千手八幡宮の鳥居

千手八幡宮は、国道322号を古処山城から益富城の方へ走る途中にあります。・・・説明が城キチ的でサーセンw書き直すと、秋月から田川方面へ走り、峠を越えた麓にあります。

「千手」というと「せんじゅ」と読みたくなりますが、ここは「せんず」です。地名なので「なんで!!」なんて言わないで下さいネ!千手小学校の裏へ回り込む道を走っていると写真の場所に辿り着きます。

鳥居からまっすぐ登る階段。どう見てもこれはお城があった時の道ではありませんね。しかも、何やらフェンスで囲まれているような・・・カギは付いていないので、おそらく獣害対策なのだと思います。ここいらの田畑はみんな、電気柵で囲まれています。

千手城/②千手八幡宮社殿
▲千手八幡宮社殿

この階段を登ると、写真の社殿があります。境内もとても広く、立派な神社ですね!ただ、この日はいくつも山城に登ったので、こんな階段でもヘロヘロになりました。

さて、ここは空堀やら土塁があるというのでキョロキョロと探しました。探しましたが・・・足が重いあせるいつもなら隅から隅まで見て回るのですが、とてもそんな体力がありませんでした。なんたってこの日は麻底良城、長尾城、松尾城、古処山城に登ったので。

千手城/③上から見た土塁と空堀
▲社殿前から見下ろしたところ

千手城/④土塁と空堀
▲すぐ近くで

で、社殿の正面にある参道を歩いていると、下の方にピンとくる地形が。クネっと曲がった参道の脇に、立派な空堀と土塁が見えました!こうなるともうまっすぐ飛びつきました。

思っていた以上に空堀は深く、土塁が高い!・・・と、これ見ただけでおなかいっぱいになっちゃいました。まだ社殿の裏とかぜんぜん見てなかったのですが、また登り直すのがつらくてあせる

よそ様のブログによると、社殿の裏にも色々あるようですラブラブ


◆歴史◆(さっぱり┐(´∀`)┌)

千手城については築城年・築城者は不明です。戦国時代に秋月種実の家臣・千手八太郎が城主だったことしかわかりません。

千手氏は秋月氏系図に登場します。秋月氏は原田種直の子・種雄を祖としますが、千手氏はその兄弟・種宣を祖とします。秋月氏とはとても近い間柄だったんですね!

1586年、九州征伐で秋月種実は豊臣秀吉に降り、日向国高鍋に移りました。千手八太郎も同じく高鍋に移ったので、千手城もこの時に廃城になったと思われます。

その後の千手氏は高鍋藩に仕え、藩校設置などに寄与したそうです。また千手廉斎、千手旭山など高名な漢学者を輩出しています。現在城跡にある千住八幡宮ですが、勧請年月や縁起、沿革等不明です。


所在地:福岡県嘉麻市千手(千手八幡宮)

福岡県の城跡/なぽのホームページを表示