剣岳城/福岡県鞍手町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

剣岳城跡は剣岳公園となっています。訪問日は2013年1月1日です。

最初は少し道に迷いましたが、八剣神社をめざすとよいです。 元日ということもあって、参拝客がちらほら居ました。 神社の目の前を横切って右に行く道があり、やがて剣岳公園の案内が出ます。 あとはその案内に従って登っていくと駐車場に辿り着きます。

剣岳城/駐車場から見上げる
▲駐車場から

城跡は公園となっていて、車で来る事ができます。歩道も整備されていて、とても歩きやすいです合格ですが、さすが山のテッペン。大晦日に降った雪がまだ残っていました。ゆる~い階段を登っていると、何だか地形が少し不自然。2、3m間隔で段々になっています。何の跡なのかが気になります。

剣岳城/階段を登り切った所
▲階段を登り切った所からの眺め

もう少し登ると広い場所に出てます。城跡の面影がかすかに、、、あるような、、、写真右下から上に向かっている溝は堀跡でしょうか?

剣岳城/段差がある

剣岳城/段差の所に石垣
▲二の丸の段差

更に登ると二の丸に至ります。 二の丸の入口にはわずかですが石垣が! 今回初めての石垣に思わず興奮気味ですヽ(´ー`)ノ

剣岳城/説明板
▲説明板

その先に説明板がありました。イラストがとても分かりやすくてイイですねグッド! イラストでは周りが急な斜面に見えますが、現状は緩いです。年月とともに崩れてなだらかになったのでしょうか・・・土塁は低く、空堀も浅かったです。やっぱり崩れたのでしょうね。

剣岳城/空堀
▲本丸手前の堀切?

説明板から先はまた少し段差があり、その手前は少し窪んでいました。普通に考えれば堀切なのでしょうが・・・かな~り浅くなっています。でも、造りは何となくわかります^-^

剣岳城/展望台から
▲展望台の足元から振り返る

本丸には展望台があります。どんより雪雲に覆われていたので眺めはサッパリでしたがあせるその展望台から降りてさぁ次!と思ったら、何となく城の形が見えたような気が。それで撮ったのが上の写真です。何となく土塁とか空堀の配置がわかりませんか?


◆歴史◆(かなり推測)

ここもあんまり詳しい事はわからないので、かなりザックリと。

応仁年間(1467-68)、梅野土佐により剣岳城が築かれました。

同時期に音丸城、腰山城、古野城なども築いたようです。この頃の北九州は、山口の大内政弘の支配下にありました。しかし、応仁の乱で大内政弘が上洛すると、少弐氏が北九州を席巻しました。恐らく、少弐氏の来襲を想定していたのだと思われます。

文明年間(1469-84)、宗像氏に攻め落とされました。

宗像氏は大内氏に協力的でしたが・・・1469年に少弐氏が攻めて来た時、宗像氏も大内派と少弐派に分裂しました。大内家臣がいた剣岳城を攻めたとすれば、恐らく少弐派だと思われます。

1470年、大内政弘は一時帰国し、少弐氏と戦いました。大内軍は優勢に戦いを進め、1472年には筑前を回復。山口に逃れていた大内派の宗像氏定が宗像に戻って来ました。

宗像氏定の没後に家督を継いだ興氏が早世。宗像氏国の嫡男・宗像正氏が家督を継ぎました。 宗像氏国は少弐派だったのですが・・・宗像家の分裂は、家名存続が狙いだったようですね。

1500年代、秋月氏に攻め落とされ、跡部安芸守が城代となりました。

詳しい年は丸っきりわかりませんが・・・周囲の状況から1581年のことと思われます。秋月種実が大友方の鷹取山城を攻めました。この時に宗像氏を揺るがす大事件が起きます。

鷹取山城からの要請で、立花道雪は鷹取山城に兵糧を送りました。宗像氏の領内を通るため、宗像氏貞は協力したのですが・・・立花道雪に恨みを持つ一部の宗像家臣が、立花軍に襲い掛かりました。更に、どこからか現れた秋月軍まで加わっての戦いとなりました。

その場の戦いは立花軍が納めました。宗像氏貞も謝罪したのですが、立花道雪の怒りは収まりませんでした。そのため、立花軍が宗像氏の本拠・許斐城を攻め落としました。このどさくさに紛れ、秋月軍が剣岳城を攻め落としたのかもしれません。

1587年、豊臣秀吉の九州征伐に抵抗したため攻め落とされました。

秋月氏は豊臣秀吉の九州征伐の際に抵抗しました。そのため、秋月氏の城は豊臣軍の腕慣らしの場となってしまいました。堅城として知られた岩石城がたった1日で落城。剣岳城も攻められ、跡部安芸守ら城兵は討ち取られました。この時に廃城になったと思われます。


所在地:福岡県鞍手郡鞍手町中山

福岡県の城跡/なぽのホームページを表示