直方陣屋/福岡県直方市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

直方陣屋跡は直方市立体育館になっています。訪問日は2012年1月1日です。

2012年の正月弾丸城めぐりツアーの最後を飾ったのが直方陣屋です。本当はもう1つ回りたかったのですが(;´∀`)

遠賀川を渡って直方市内に入った途端に大渋滞にハマリました。
目の前の信号が何度も変わりましたが全く進まないダウンダウンダウン
お正月に渋滞ということはもしかして・・・と思い、iPhoneで地図を見るとやっぱり!道の先には多賀神社があり、そこへの参拝渋滞と分かりました。

そうと分かれば話は早い!回り道しよう!ということで、次の信号で動かない前の車を飛び越して左折。そしてぐるっと大回りしました。

直方陣屋は多賀神社の裏なので、神社の駐車場の前を横切りました。クルマ社会の地方都市でしかも駅から遠い・・・これじゃみんな渋滞覚悟でクルマで来ますよね。

直方陣屋/直方市立体育館
▲直方市立体育館

さて、陣屋の跡地は直方市立体育館となっています。大回りしてくる時に遠くから地形を見ましたが、城を築くのに丁度よい台地となっていました。江戸時代初期に築かれたのですから、やはり戦の事を考えての立地だったんですね。

この体育館の左脇が小高い丘になっており、そこが多賀公園となっています。ただし、公園への道は「工事中」ということで立入禁止になっていました。ざっと見た所、何か工事をしている様子は無かったのですが・・・

直方陣屋/城址碑
▲城址碑

体育館を正面から見て左側(北)にちょっと歩くと、写真の城址碑が道端にあります。このゆる~い感じの字体にちょっと好感を持ちました^-^

直方陣屋/移築門
▲移築門

あと、見逃してはいけないのが移築門です。直方陣屋の正門であったと伝わる門が西徳寺に移築され、山門となっています。

このお寺はかなり大きいので、ウロウロと探し回りました。古びた門がいくつもあると、正直どれがお城の門なのか見分けがつきません。事前にインターネットで写真見ておいてよかったですあせる

九州は幕末にゴタゴタが沢山あったので、戦火を逃れて残った遺構はかなり貴重です。せっかくの先人の遺産なので、いつまでも大切にしてほしいものです。


◆歴史◆

1623年、福岡藩2代目・黒田忠之の弟・高政が東蓮寺藩4万石を立藩。
1639年、黒田高政が没し福岡藩主・黒田忠之の次男・之勝が6歳で藩を継ぐ。
1663年、黒田之勝が他界。福岡藩主・黒田光之の3男・長寛が藩を継ぐ。
1675年、藩名を直方藩に改める。
1677年、3代目・黒田長寛が福岡藩主となり福岡藩に併合。
1688年、黒田長寛の弟・長清が直方藩を立藩。 妙見山に陣屋を新築。
1720年、黒田長清の子・菊千代が福岡藩を継ぎ、再び福岡藩に併合。


所在地:福岡県直方市山部

福岡県の城跡/なぽのホームページを表示