なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
久津尾崎城は海沿いの山にありました。
訪問日は2012年1月1日です。

先に訪れた箕島城からはとても近いです。
海沿いを走っていると、それらしき所に神社が見えました。
それが松山神社だと思って突撃しましたが「龍日売神社」の文字が・・・
正月早々、迷子スキル2発目発動となりましたwww

久津尾崎城/登城口
▲登城口

事前に登録していたiPhoneの地図を頼りに細道を辿ると、民家と民家の間に小さな鳥居が!!
その奥にあった案内板から、そこが松山神社だとわかりました。
お城のあった山は良く見えるのですが、ある意味攻め難いですねあせる

久津尾崎城/説明板

久津尾崎城/大坂城の石垣の説明
▲松山神社の説明板

その説明板を見ると、松山神社の成り立ちや、大坂城の石垣の事などが書かれていました。
わざわざ印まで付けて、どこに使われたのか追跡出来るなんてスゴイ!
・・・てか、かな~りちょっぴりなんですね。
しかも、城跡であったことについては記述ナシ(-_-;)。
箕島城同様ここも超マイナーなんですね。

久津尾崎城/巨岩むき出し

久津尾崎城/杭を打った跡が残る岩
▲城跡は岩だらけ

登城路は階段が付けられてはいるものの、かなり細くて険しい道です。
少人数で守るには良いのかなと思いました。
途中には巨岩がゴロゴロしており、石を切り出そうという発想はなるほどと思いました。
中にはまさに切り出そうと、ノミ跡が残っている岩もありました。

久津尾崎城/主郭は段差がある

久津尾崎城/松山神社
▲主郭

急坂を登り切ると、綺麗に削平された広場があります。
その真ん中で段差があり、上段の広場の真ん中にトタン屋根の小さな祠がありました。


◆歴史◆

貞和年間(1345~50年の間)、本郷顕吉により城が築かれました。

本郷顕吉は後醍醐天皇の皇子・懐良親王の九州下向に同行した北畠信親の子です。
北畠信親は筑後で戦死しましたが、本郷顕吉は姓を改め、代々沓尾を本拠としました。

1549年、宇留津城主・賀来外記入道と領地の境界を巡って戦となりました。
この戦で城は攻め落とされ、城主・本郷顕季は自刃し廃城となりました。

1620年、大坂城普請のため、細川忠興の命で石が切り出されて、海路大坂まで運ばれました。
この石垣は現在も残っており、登城口にある案内板にその写真が載っています。

明治20年代、松山城主・杉一族を祀るため、城跡に松山神社が創建されました。


所在地:福岡県行橋市沓尾(松山神社)

なぽのホームページ/福岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。