なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
蓑島城は海岸にある蓑島山にありました。
訪問日は2012年1月1日です。

蓑島城/遠景
▲遠景

蓑島城のあった蓑島山は、左端の山です。
昔はその名の通り、島だったそうです。

マイナーなせいか、箕島城のことを書いたページがあまりありませんでした。
それでも登城路は複数個所あるらしいのですが・・・
と、城の周りを2周グルグル回りましたが、それっぽい道が見つからず。

正月早々の迷子初めで時間を浪費してしまいました。
地図を見たら金比羅神社から登れるかな???で、最後の手段、直登開始。

蓑島城/神社脇から直登
▲金比羅神社脇から直登・・・

城キチなる種族には特殊能力があるようで・・・
道無き藪を誰かが登った跡がある、、、ような気がして辿ってみました。
しばらく登って行くと、見るからに遊歩道っぽい綺麗な道がwww

どうやらまたやっちまったみたいです(笑)

蓑島城/鉄塔

蓑島城/手書きの札
▲頂上の鉄塔には手書きの札が

あとは綺麗な道を高い所目指してテクテク歩くのみ。
やがて木々の間から華奢な鉄塔が現れました。
そこには「箕島山」と書かれた黄色い小さな札が。

城の遺構らしき物は何も見当たらず。
海の見晴らしが良さそうなので水軍の拠点にいいかも、と言い聞かせるのでありました。
・・・今は木々が生い茂って丸っきり何も見えませんでしたがあせる

蓑島城/登城口
▲登城口はココですw

帰りは綺麗な道を素直に下り、法泉寺の脇に出てきました。
後から調べると、海岸側にあるライオンズクラブの広場からも登れるみたい。
こういう事って普通は行く前に調べておくものですよね(^^ゞ


◆歴史◆

築城年は不明ですが、藤原邦吉により築かれたとされています。
藤原邦吉は海賊で、漁をしたり朝鮮と交易を行ったりしていました。
1471年に朝鮮で編纂された「海東諸国紀」に彼の名が登場します。

箕島城は地理的に松山城に近いため、その支城であったと考えられています。
箕島城単独では分からないことだらけなので、2つの城の歴史を書き並べてみました。

1554年、松山城主で大内氏の家臣・杉隆重が箕島城に移り居城としました。
      杉氏は豊前守護代として代々松山城を居城としていました。
1557年、大友家臣・田原親弘により松山城が攻められ、城主・杉重吉は討死にしました。
1559年、毛利家の小早川隆景により松山城が落城。
      松山城の城代には杉重良、補佐役として猛将・天野隆重が置かれました。
1562年、松山城が大友軍の攻撃を受けます。
1563年、将軍・足利義輝の斡旋で毛利氏と大友氏が和睦し、松山城は大友氏のものとなりました。

年は不詳ですが、その後は長野祐盛が城主となります。
毛利軍と大友軍による争奪戦はその後も続き、長野祐盛はその都度旗色の良い方につきました。

1579年、杉重良が毛利氏に叛き、松山城を退去して蓑島城に籠りました。
      そのため馬ヶ岳城主・長野助盛と宝山城主・安東市次郎が攻め、杉重良は討死にしました。


所在地:福岡県行橋市蓑島

なぽのホームページ/福岡県を表示
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。