膳城/群馬県前橋市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

膳城跡は、住宅街の中にある城跡です。訪問日は2012年5月26日です。

もっとずっと昔だと思ったのですが・・・あれからたくさん城跡巡ったせいでしょうかあせる

膳城/入口にある城址標柱
▲入口にある城址標柱

膳城は、偶然通りかかって見て来ました。当時巡るプラン立てた時には、そこに城跡があるなんて知らなかったので。確か近くの山上城跡へ向かう途中、案内板があって吸い寄せられたような気がします。それでお城の前に着いてみると、道からいい感じの城跡が見えて感動した記憶があります。写真の城址標柱は、城跡の入口にありました。

膳城/本丸
▲本丸

その城址標柱の入口から入ると、ちょっとした広場に出ます。いきなりですが、本丸ですあせる当時、いきなり本丸に出るというのがどういうことなのか全く考えていませんでしたが。。。周囲が開発されまくって、辛うじてほんの一部が残っているということです。それは、城主の子孫が戦後買い取って県に寄付したからだそうで。私財を投じて遺構保全に尽くして下さった方には頭が上がりませんね^-^

膳城/城址碑と説明板
▲城址碑と説明板

本丸の奥の方には、立派な城址碑と説明板があります。何にも無い城跡だとこれだけで満足してしまいますが・・・本番はこれからラブラブ

膳城/縄張図
▲説明板の縄張図 (拡大図)

説明板にはとてもグッド!な縄張図が載っています。後から説明板の縄張り図とGoogle Mapを見比べてみると、残っているのは本丸周辺だけ。城跡に来た道は、本丸の東側を南北に通っていました。

膳城/堀切
▲空堀

本丸の周囲は空堀がしっかり残っています。曲輪と曲輪の間を深さ3m程の空堀が縦横に巡っていてスゴイ!なんて思ったのですが・・・かなりしっかり残っていると思ったものの、ほんの一部分だったんですね。それでもとても見応えのある城跡でした合格


◆歴史◆(かなり想像入ってます)

膳城は15世紀中ごろまでに善氏(のち膳氏)により築かれたと考えられています。膳氏は藤原秀郷の末裔とされていますが、、、藤姓足利氏とも関係あるかも?

古河公方と上杉氏が争った享徳の乱の頃
南隣の古河公方配下・赤堀氏により攻め落とされました。
上杉方であった膳信濃入道は城を逃れました。

1458年、岩松氏が古河公方→上杉方に転じます。

1466年、桐生氏も古河公方→上杉方となります。
この頃は岩松氏(横瀬氏)と桐生氏は連携することが多く、争いは無かったようです。

山内上杉氏と扇谷上杉氏が争った長享の乱の頃、善三河守は横瀬業繁が奪回した膳城に戻ります。

1560年、由良氏(横瀬氏が改姓)に従い長尾景虎(上杉謙信)に降りました。

1566年、由良氏が上杉→後北条方に転じます。

1570年、桐生氏は跡継ぎが絶えたため、佐野氏より養子を迎えました。由良氏と桐生氏は、この頃から灌漑用水をめぐって対立するようになります。

1572年、膳城主・膳宗次は、上杉謙信の下野国・小俣城攻めに参加して討死しました。膳宗次の子・春松丸が跡を継ぎましたが、小俣城の後北条軍により膳城は落城。春松丸は厩橋城へ逃れ、膳氏は没落しました。この年、由良氏は桐生城を攻め落として桐生氏を滅ぼしました。

1574年、由良氏の金山城が上杉謙信に攻められました。膳城と山上城は上杉軍に占拠され、羽生城の木戸忠朝・菅原為繁が入りました。

1578年、上杉謙信死去。後北条氏が膳城を攻め、河田備前守が城主となりました。 厩橋城の北条高広は上杉→後北条氏に寝返りました。

1580年、厩橋城を制圧した武田勝頼は大胡城・山上城など近隣の城も攻略しました。攻略後、武田勝頼は人心安定のため平服のまま各地を視察しましたが・・・この時、膳城の兵が武田軍に襲い掛かったため、武田軍により落城しました。(膳城素肌攻め)この落城後に膳城は廃城となったとされています。

昭和になり戦後、膳氏の末裔・膳桂之助が、本丸周辺を買い取って県に寄付しました。本丸・二ノ丸は1949年に埼玉県指定史跡に登録され、城址公園となりました。


所在地:群馬県前橋市粕川町膳

群馬県の城跡/なぽのホームページを表示