小島氏館/埼玉県本庄市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

小島(おじま)氏館は関越道・本庄児玉IC近くの長松寺にありました。訪問日は2013年10月12日です。

小島氏館/長松寺
▲長松寺

小島氏の館跡である長松寺は、国道17号「本庄市小島」交差点の南にあります。道沿いに銀杏並木があり、歩道がそのまま唐鈴神社の参道となっています。その歩道の奥が空堀となっているのが見て取れます。

小島氏館/説明板
▲説明板

長松寺の入口に説明板があります。色合いは何となく東京都教育委員会の板と似てますが、こっちの方が大きいです^^まぁ、書いてあることはザックリですがw

小島氏館/鐘
▲鐘の後ろに土塁が見えます

境内に入ると、道から見えた空堀の反対側にある土塁が見えます。思っていた以上にはっきり残っており、テンションアップ

小島氏館/西側の虎口跡
▲虎口跡?

西側の道に抜ける虎口の跡でしょうか?今は通路とはなっていませんので、何らかの理由で崩したのかもしれません。

小島氏館/本堂北側の土塁
▲本堂北側の土塁

とりあえず跡地を1周するのが私の流儀。西側の土塁を辿り本堂の裏に回ると、ひと際高い土塁がありましたヽ(´ー`)ノ何も知らないと崩したくなるような感じですが、ちゃんと残してあることに感謝です^^


◆歴史◆さっぱり┐(´∀`)┌

小島氏は関東武蔵七党・丹党に属し、秩父基房の4男・重光が小島姓を名乗ったことに始まります。時代は平安時代末から鎌倉時代始め頃であり、領地の地名を名乗るのが流行った頃です。小島重光がどんな武将だったのか知りたかったのですが・・・わかりませんでした。

重光の跡は嫡男・光成が継ぎました。光成がどんな武将だったのか知りたかったのですが・・・やはりわからず(TдT)次男・光俊は志水氏、3男・朝俊は村田氏を名乗ったのですが、こちらもわかりませんでした。

こうもわからないと燃・え・るメラメラw・・・のですが、ムキなって調べてはみたものの、やはり何も出てきませんでした。鎌倉時代初期に2代で歴史から消えたということは、頼朝没後に粛清されたのでしょうか?

戦国時代、小島の地は北条氏邦の家臣・吉田和泉守政重が領していました。政重は上里町にあった黛城(金窪城)を居城としていたそうです。小島氏の館跡は規模も小さく要害性でもないので、政重は利用しなかったと思われます。

館跡にある長松寺は1600年頃、佑海法印により開基されたと伝わります。真言宗のお寺で、すぐ脇にある唐鈴神社と一体だったと思われます。


所在地:埼玉県本庄市小島

埼玉県の城跡/なぽのホームページを表示