本庄城/埼玉県本庄市 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

本庄城は市役所裏の城山稲荷神社一帯にありました。訪問日は2012年5月19日です。

本庄城/稲荷神社
▲城山稲荷神社

市役所の裏手にある神社が城跡です。神社なので木が沢山!ということで、迷わずに着きました^^

本庄城/城址碑
▲城址碑

鳥居の手前左側には城址碑がラブラブあぁ、場所間違えてなかったんだとホッとしました。

本庄城/鳥居脇の石碑
▲鳥居脇の石碑

更に、鳥居の右脇にはとても目立つ石碑が。神社ファンではありませんが、もう少し場所を選んだ方がよかったかも・・・

本庄城/説明板
▲反対側には説明板

石碑にも少しだけ説明書きがありますが、その元祖でしょうか?鳥居の左脇には説明板までありました。地味ではありますが、これでもか!という位に城跡アピールしてきます^^

本庄城/稲荷神社境内
▲稲荷神社の境内

遺構らしきものは特に見当たらないのですが・・・神社の境内は周囲よりも少しだけ低くなっています。もしかしたら館があった場所・・・?どっぷり市街地となっており、どんな縄張りだったのかは想像がつきませんでした。


◆歴史◆

Wikipedia読んでも何だかよくわからない記述となっていましたが・・・色々調べてザックリまとめてみました。

本庄城は1556年に本庄実忠により築かれました。その辺りの出来事は以下の通りです。本庄氏は武蔵七党の児玉党宗家・庄氏の庶流です。室町時代になると山内上杉氏に仕えていましたが・・・

1546年の河越夜戦を境に、主家は後北条氏に押され、どんどん北へ後退していきました。そして1551年、山内上杉憲政は北条氏康との戦に敗れ、上野から越後へ逃れました。本庄実忠はこの時に後北条氏に降りました。

その5年後に本庄実忠は本庄城を築き、それまで本拠としていた東本庄館より移りました。城を築いた理由は以下の説があるそうです。

説1:古河公方との戦に備えた。
説2:山内上杉氏の残党に備えた。

私はどちらかというと2のような気がします。河越夜戦で関東の雄となった後北条氏は、1552年には古河公方を降しています。そして足利晴氏は公方の座を、北条氏綱の娘との間に生まれた義氏に継がせました。以後、古河公方となった足利義氏は、完全に後北条方として行動します。

晴氏と、公方を継ぐ筈だった藤氏がその後もやや抵抗しますが・・・もはや新たに城を築いてまで備える程の力は無かったはずです。1557年に藤氏が挙兵し、古河の館を奪還しようとしましたが失敗。晴氏は栗橋城に幽閉されてそのまま没し、藤氏は上総の里見氏を頼って落ち延びました。

1561年、越後の長尾景虎が関東に侵攻すると、本庄実忠は景虎に従いました。長尾景虎は山内上杉憲政や、前古河公方の嫡男・足利藤氏の要請で関東に出兵しました。最初に攻撃したのは古河城の足利義氏で、関宿城を包囲して足利義氏を追放。足利藤氏を古河城に迎え、幕府より正式な古河公方として認められました。

景虎はさらに後北条氏の本拠・小田原城を包囲。鎌倉の鶴岡八幡宮で上杉氏の名跡を譲り受けて上杉政虎と改名し、関東管領に就任しました。どちらももはや名ばかりの官職ではありましたが・・・

武威の前に、旧山内上杉家臣は越後上杉氏に寝返り(復帰?)する者が多数ありました。しかし、政虎が越後に戻ると後北条氏が反撃に転じ、後北条氏陣営に戻る者も多数ありました。

1562年には北条氏照により古河城が陥落。足利藤氏は捕らえられ、以後の消息がわからなくなりました。

その翌年と翌々年には里見氏と後北条氏が国府台で衝突。後北条氏が大勝し、里見氏は上総を失って安房一国へと押し込められました。

1567年、後北条氏に攻められ、本庄実忠は降伏しました。この頃、後北条氏と上杉氏は上野国を巡って争っていました。山内上杉憲政が平井城を追われてからは、上杉軍の拠点は厩橋城となっていました。その厩橋城の城主・北条高広(きたじょう)が後北条氏に内通。上野国での形勢は逆転し、後北条氏が優勢となりました。

・・・ということで、本庄城は周囲を後北条氏に囲まれ降伏したと思われます。

1579年、本庄実忠が87歳で没し、家督を本庄近朝が継ぎました。家督を継いで1ヶ月もしない内に武田勝頼に攻められ降りました。

1582年、武田氏滅亡後、厩橋城に入った織田信長の家臣・滝川一益に降伏。本能寺の変後、北条氏直と滝川一益の神流川の戦いで、本庄氏は滝川方として戦いました。戦は北条方が圧勝し、本庄近朝は再び後北条氏に帰参しました。

1590年、豊臣秀吉により後北条氏が滅ぼされました。本庄近朝は小田原城に呼ばれ篭城していましたが、後北条氏が降伏した時に自刃しました。本庄城も豊臣方の北国勢に攻められ落城。本庄氏は帰農したと伝わります。

関東に徳川家康が入ると、本庄城は信濃・松尾城主の小笠原信嶺が城主となりました。信濃・松尾城には今年の夏休みに行って来ました。堀1本挟んで鈴岡城があり、1つのお城なのかと思いました。が、何とすぐ隣同士で何十年も戦をしていたそうです。・・・このお城について書くのはいつになるやらwww

1598年、小笠原信嶺が没し、小笠原信之が城主となります。

1612年、小笠原信之が古河に移ったため本庄藩が廃藩となり、本庄城は廃城となりました。


所在地:埼玉県本庄市本庄

埼玉県の城跡/なぽのホームページを表示