菅谷館/埼玉県嵐山町 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。


テーマ:
続日本100名城スタンプについて追記しました(2018年5月13日)
--------------------------------------------------------------------
菅谷館は国道沿いにありました。
訪問日は2012年5月19日です。

菅谷館/案内図
▲案内図(拡大)

まずは案内図から。
そこかしこに案内図付の説明板がありました。
その中で綺麗に撮れたやつを1枚upします。
ここは堀も綺麗に残っているので、図があるととても見易いです。

菅谷館/入口
▲入口

入口から土塁が!
でも入口作るために土塁削ってませんよね?
ここは「搦手門跡」ということで、元々こんな感じだったそうです^^

菅谷館/三郭の土塁
▲3郭

どの郭にも共通していますが、ここはしっかり土塁で囲まれています。
保存状態がとても良いですね合格

菅谷館/三郭と二郭の間の堀
▲3郭と2郭の間の堀

しかも、堀には水が!
往時はもっとしっかり水が張っていたかもですが。
平城の堀は、やはり水があってなんぼですね^^

菅谷館/畠山重忠像
▲畠山重忠像

そして城主様の像まで。
42歳で亡くなったにしては老けているような・・・
ま、老け具合は個人差ありますからねw

菅谷館/城址碑と説明板
▲城址碑と説明板

主郭に近づくと、説明板だけでなく城址碑も!
遺構はしっかり見やすく、かといって手を加え過ぎず。
ココは本当にいい城跡です^^

菅谷館/主郭を囲む堀
▲主郭の堀

主郭を囲む堀は、よその堀と比べると深いように感じました。
ここが一番の守り所ですからね!
堀の底から土塁の上まで、5m以上はありそうです。

菅谷館/主郭への土橋と虎口
▲主郭入口

ここも他の郭とは雰囲気がちがって、土橋と虎口があります。
今は土しかありませんが、実際にはどんな感じだったのでしょう?
塀が巡り、門があったでしょう。
勝手に想像出切るくらいに遺構がバッチリですヽ(´ー`)ノ


◆歴史(想像もあります)◆

平安時代末、畠山重忠により築かれました。畠山氏は秩父一族で、当時は畠山郷(深谷市畠山周辺)を本拠としていました。畠山重忠は17歳で家督を継ぐと、源平合戦で大活躍。おそらく菅谷に館を築いたのは、平家が滅びた1185年以降と思われます。

畠山重忠は怪力で有名だったらしく、鵯越の逆落としでは馬を背負って急坂を駆けたと伝わります。宇治川の戦では味方の大串重親を放り投げ、大串重親が一番乗りを果たしたという話もあります。また、畠山重忠は清廉潔白な性格でも知られ、『坂東武者の鑑』としてとても人気がありました。

しかし、源頼朝が没した後の鎌倉幕府は粛清の嵐が吹き荒れました。そんな智勇兼備・清廉潔白な畠山重忠ですら、讒訴されてしまう世相でした。1205年、北条時政に呼び出された畠山重忠は、鎌倉へ向かう途中の二俣川で処刑されました。これには御家人達が猛反発したため、畠山重忠を讒訴した側まで粛清される始末でした。

この時に畠山重忠一族もことごとくが殺されてしまったため、足利義純が畠山の名跡を継ぎました。その後の畠山氏は、室町幕府の管領として君臨します。

菅谷館はその後廃れたようですが、15世紀に再利用されます。1488年、山内上杉氏と扇谷上杉氏による激しい戦が、近くの須賀谷原でありました。その後、山内上杉顕定は太田資康(太田道灌の嫡男)に命じ、菅谷の旧城を再興しました。主郭だけだった館跡に郭を追加し、堀と土塁で厳重に拡張したのはこの時と思われます。城代に就いたのは小泉掃部助と考えられています。

1505年、長享の乱に勝利した山内上杉顕定は、扇谷上杉朝良を菅谷館に監禁しました。そして扇谷上杉朝良を出家させ、扇谷上杉朝興に家督を継がせようとしました。ただ、これは扇谷上杉家中の反発が凄まじかったため取り消されます。こうして扇谷上杉朝良は、有耶無耶の内に扇谷上杉家の当主に復帰しました。

菅谷館は1509年に記された『東路の津登』にも登場します。連歌師の柴屋軒宗長は白河を目指しますが、兵乱のため断念。その帰りに菅谷館に立ち寄っています。

以後、記録には登場しなくなりますが・・・

1546年、河越夜戦に勝利した北条氏康が松山城を攻め落としました。松山城から鉢形城へ向かう途中に菅谷館がありますが、どうだったんでしょう?鉢形城は山内上杉氏の城でしたが、山内上杉氏の勢力はこの時に上野国まで退いています。

後北条氏により城として使われたのか、使われなかったのか。折れを多用した堀、横矢が掛かった虎口などがとても技巧的です。これらは後北条氏により改修されたものだとする説が有力ですが・・・

近所にある杉山城で発掘調査の結果、後北条氏以前の遺物しか出土しなかったという現実。そして、以後文献に登場しなくなったという状況。もしかすると「杉山城問題」はココ菅谷館にも飛び火するのかもしれませんw


続日本100名城スタンプ設置場所
菅谷館スタンプ 嵐山史跡の博物館
 押せる時間 9時~16時半(入館は16時まで)
       7、8月は17時まで開館(入館は16時半まで)
 休館日 月曜日(祝日の場合開館)、12月29日~1月3日
 入館料 大人100円、学生50円、中学生以下無料
 ※スタンプは入館しなくても押すことが出来ます

所在地:埼玉県比企郡嵐山町菅谷

埼玉県の城跡/なぽのホームページを表示

なぽさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。