本城城/福岡県北九州市八幡西区 | なぽのブログ

なぽのブログ

お休みヒマだ~、どこ行こう?
・・・そうだ、お城!で始まった城跡巡り。
ふらっと訪ねた城跡を紹介します。

続いて本城城へ行って来ました。

本城城/蛭子神社
▲本城霊園中央にある蛭子神社

本城城跡は、現在は本城霊園となっています。地図で探すのは簡単でしたが・・・クルマで行くのも簡単でしたwここまでクルマで来ることができます。

本城城/蛭子神社鳥居と説明板
▲蛭子神社の鳥居と説明板

お城としての遺構は無く、周囲より高い蛭子神社の地形だけが残っています。神社までの参道は短く、なんだか有難みが・・・でも、参道の入口には有難い説明板が^^

本城城/説明板
▲説明板

もはやこの板だけが、城跡だという目印です。


◆歴史◆

本城城は1185年、源範頼により築かれました。ただ、説明文を読む限りでは陣城という感じですね。以後、軍事的拠点や誰かの居城になったのかはわかりません。

源範頼は源頼朝の異母弟で、義経の異母兄に当たる人物です。範頼は平家討伐のため九州に渡り、下関・彦島に拠る平家の背後を遮断しました。周防から豊後に渡った範頼は、芦屋で平家方の原田種直と戦っています。この時に本陣を置いたのが本城城といわれています。

原田種直は大蔵氏の流れをくみ、大宰府近くに本拠を構えていました。平家からの信任が厚く、大宰少弐に任命され九州での平家方の中心勢力となりました。源氏が九州に攻めて来た際は、安徳天皇を私邸に匿ったりしていましたが・・・壇ノ浦で平家が滅亡すると捕らえられ、関東に護送され幽閉の身となりました。

源氏が勝利したのですが、両者は対照的な運命を辿ります。

まず、源範頼ですが、彼はどんな事でも頼朝に報告するなど、とても律儀な武将でした。源平合戦で大活躍した義経は自分勝手な行動が多く、事有るごとに範頼と比べられました。そのためか、義経は謀反の兆しがあると疑われ、兄・頼朝により討たれました。

従順な範頼に粛清などあり得ないと思われましたが・・・

1193年5月28日、曾我兄弟による仇討ちがありました。この時、頼朝が討たれたという誤報が北条政子のもとに届きました。政子はとても嘆き悲しみましたが・・・

「後にはそれがしが控えておりまする」

範頼の何気ないひと言が、その後の運命を決めました。この発言を聞いた頼朝は、範頼に対する疑心を抱きました。範頼は起請文まで差し出して異心のないことを訴えましたが・・・

起請文の署名が源姓であることに頼朝がヘソを曲げ、範頼は修善寺に幽閉されました。頼朝って、一度疑いを持つともう手がつけられませんね^^;幽閉された範頼は、その10日後に暗殺されてしまいました。

一方、関東で幽閉されていた原田種直は、数年後には許されて開放されました。源氏方として家名を保った弟・原田種成のもとへ行き、後に筑前国怡土庄を与えられました。種直の子孫は足利尊氏が九州に逃れた際に味方し、以後大いに栄えました。


所在地:福岡県北九州市八幡西区本城(本城霊園)

福岡県の城跡/なぽのホームページを表示