過去を越えて | いいかげんな日々
新型コロナウイルスに関する情報について

いいかげんな日々

日々の思ったことを書いています。


blog内で使用させて頂いている写真
曼陀羅アート Kathy Kleinさん
ウクライナの写真家  VyacheslavMishchenkoさん





自分を追求し続けた
自分が出会う「美しい」と感じる世界は、
自分を信じる。
ってところに繋がっている。

自分が「美しい」と思う
自分の生き方を信じる自分。

その世界が
今のこの世界の中にはなくて
自分の心(精神)と頭(思考)が葛藤する。

自分を生きるとは。
自分を信じるとは。
自分が向かう場所とは。
自分はどんな存在なのか。

自分の未知(可能性)と出会いたくて
自分を生きているのだから
これから起こる世界の変化を
自分の中にある基準に考えても
それは自分の宇宙であって
全てではないということ。


それぞれが創り出している世界を
水瓶座で「あなたとわたし」で受け入れると
魚座で「あなたとわたし」の境界線が越される。

そんな瞬間だからこそ

始まりの自分に戻れる。

新しい自分を始められる。


山羊座の「力」である

「現実」を創るエネルギーは成熟し、

「風」に移行されて創られる世界は

どんな世界なのだろうか。


「古きよきもの」だったらと、

かなり昔の生き方(価値観)に戻しても

それすらも手放せと促す宇宙の未来は

きっと今の基準からは想像出来ない世界なのだろう。


この世界がわかった私達は、

自己満足や自己超越,自己投資,自己開放に癒しや学び

という様な「自分を知る」というプロセスではなく

次の「自分を知る」プロセスになるのだろうか。


自分追求に飽き

過去の全てを手放し

自分が美しいと思う世界を表現してゆく。


それは、過去にない人間の生き方で

この社会にまだ存在しない世界で

迷う様なこともあるかもしれないけれど

愛ソノモノとしてする現実創造の挑戦が

宇宙(自分,愛)と一致しているとしたら

必ず現実創造出来るのだろう。


だが、自分(宇宙,愛)と一致していない精神なら

また…自分開放ego人生ゲームのやり直し…


なんて事が起きない様に

何度も自分egoを手放す様なことが起きている。


2019年 完全なる過去の概念を壊され

2020年 新しい概念をつくり始めていく中で

それぞれのタイミングで新しい世界に向かってゆく。


「自分を生きる」

この社会(現実)創造を

本来のピュアな存在として

どんなことが出来るのか…






thanks.