本日、6月19日に新規後発医薬品が薬価収載されましたね。

 

(Clinical Cloud)

https://diweb.medipal.jp/diweb/listing/date/1592447171

 

それとともに、新剤型の先発医薬品も薬価収載されました。

今回は、ザイザルOD錠2.5mgOD錠5mgが新たに追加されています。

 

ザイザルは、これまで錠剤としては普通錠の5mgしかありませんでした。

今回、新たにOD錠が登場、されに、2.5mg錠が登場しました。

後発品に2.5mgが登場したことの影響は、明らかにあるのでしょうね。

 

これまでは、5mg錠を半割した場合、自家製剤加算が取れましたが、今後は算定できなくなります。

2.5mg錠が登場したことで、半割の処方がなくなると良いのですが、どうなることやら(苦笑)。

 

個人的には、どんな規格があろうが、半割したら自家製剤加算を算定できるようにすべきだと思います。

半割する技術(大したことはないですが)、時間、分包紙などが必要になる訳ですからね。

算定できないのなら、半割を許さないくらいでないとダメな気がします(規格の在庫は増えますけどね)。

少しグチを書いてみました。