つい最近の日経DIのウェブの記事に、フルメタローションの話がありました。

 

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/ganbare/201709/552426.html

※閲覧するには登録が必要です。

 

タイトルは「フルメタローションは頭に染みる」。

簡単に要約すると、「フルメタローションは、乳液のローションでなくて、無色透明の液体。イソプロパノール含有で、頭に着けると染みた」という内容。

 

ステロイドのローション剤というと、乳液タイプを思い浮かべます(使用前に振る必要あり)。

しかし、一部の薬剤には、無色の液体タイプもあり、「服薬指導のエッセンス」P.280でネリゾナソルーションについて紹介しています(ソルーションだから液体なんですけどね)。

 

今回の日経DIの記事で、フルメタソルーションも透明の液体と知り、「服薬指導のエッセンス」掲載のステロイド外用薬の表の備考欄に追記することにしました。

 

ちなみに、フルメタ、ネリゾナ以外では、デルモベートスカルプローションは無色澄明の粘稠な液体、リンデロンDPゾルも同様です。この2種は「粘稠」なので、サラっとした液体ではないようです。

実のところ、私の薬局では在庫していないので、使ったことがありません。機会があれば、ぜひ使ってみたいと思います。

 

フルメタの記事では、「イソプロパノール含有なので染みた」とのこと。デルモベートスカルプローション、リンデロンDPゾルもイソプロパノール含有なので、染みる可能性はありますかね?

ちなみに、私は期限切れのネリゾナソルーション(エタノール含有)を使ったことがありますが、確かに少し染みるような印象があります。すごく染みるというわけはないですね。

そして、これらは、アルコール含有なので、火気厳禁となっています。

 

ローション剤と言っても、実のところ性状はバラバラ。

他では、抗菌薬のダラシンTローションは無色の液体、ゼビアックスローションは透明の粘稠な液体です。私は両方とも使ったことがありますが、ダラシンTローションはサラサラの液体、ゼビアックスローションはトロっとした液体です。

 

やはり、外用薬は自分で使ってみないと分からないことも多いですね。

 

それでは、表に追記をお願いします。

なお、表に掲載されているプロパデルムはすでに発売中止になっているので、削除をお願いします。

こちらにアクセスすると大きくなります。

https://www.dropbox.com/s/s08mqxlxcv6b5dt/%E8%A1%A822-1%20%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%E5%A4%96%E7%94%A8%E8%96%AC%E3%83%BC%E8%BF%BD%E8%A8%98.pdf?dl=0

 

http://www.tokyotosho.co.jp/info/syu/y08.html

 

↓お気づきかもしれませんが、登録してみました。


薬剤師ランキング

AD