お歌の日 千穐楽から数日‥。

何事も当たり前ではありませんが、こんな日が訪れることは、まだまだ遠い先だと思っていたので、正直、心にポッカリ感があります。

最後だから!と、お越しくださったファミリーの皆さんと記念撮影をしました。


毎回のように通ってくださり、見守ってくださった皆さん、本当にありがとうございました。

1日だけでも足を運んでいただけることは有難いことです。それを連日‥。
改めて、僕は幸せ者だと実感しています。

重ねて感謝申し上げます。

そんな皆さんとの思い出が走馬灯のように思い出され、最後の初恋ごころでは涙が溢れ出そうでした。

でも、泣いて唄えなくなるのは次のステージに進んだ時までお預けと心に決めていますので、必死に我慢しました。笑


そして、こちらは、お歌の日ファミリーの皆さんと。
(※掲載許可をいただいておりますが、なにか不都合ございましたら何なりとご連絡くださいませ)

ハイカラマンと鴎ゆり子さん時代から、お歌の日を愛し、支えてこられた皆さんです。

新参者の堀川直裕貴を温かく迎え入れてくださり、直裕貴ファーストの皆さんと一緒に盛り上げてくださいました。

「これからも応援してるからね!」
皆さんの温かいお言葉、とっても嬉しかったです。

ありがとうございました!


ハイカラマンの隣でトークをすることも、これで最後‥。

どんな気持ちだったかは、表情が物語っていますね。笑

演歌しか知らない僕に、たくさんの新たな引き出しを作ってくださったのは、間違いなくハイカラマンです。

最初はドキドキだった打合せなしのMCも、最近はすっかり慣れて楽しかったです。

ありがとうございました!


自治会長であり、博士でもある、久保さん。

司会に音響に、お世話になりました。

鴎さんの後任として受け入れてくださり、堀川直裕貴に貴重な経験の場を与えてくださったこと、感謝でいっぱいです。

ありがとうございました!


お歌の日の翌日、19日が堀川直裕貴のデビュー2000日目だったそうです。

これまでにたくさんの経験をさせていただいてきた中でも、お台場という地で唄わせていただいたことは、僕にとって大きな財産です。

この経験を無駄にすることなく、実現させたい夢に向かって精進して参りたいと思います。

新たな始まりに向けての終わり。
そう信じて、前へ進みます!

今後とも、堀川直裕貴をよろしくお願いいたします。


これまで、お歌の日に足を運んでくださった皆さん、足を止めてくださった皆さん、気にかけてくださった皆さん、ありがとうございました。

そして、関係者の皆様、ありがとうございました。