何だかバタバタしており、ごめんなさい。

《働く介護者 おひとり様介護ミーティング》
に参加をしてきました。
自分がサポーターをやらせて頂いている、
KABS
【一般社団法人介護離職防止対策促進機構】
の代表理事で
【ワーク&ケアバランス研究所】
運営責任者の和氣美枝さんが開催
(写真向かって右側)

働きながら介護
をしている皆さんの集まりですが、
今回、認知症の親を持たれてる方が
多かった。

そして最近その症状が悪化し、
老人ホーム等、施設(ショートステイも含む)
から、入所を断わる可能性
が出てきたと言われ、
不安になっている方がいた。

僕のお袋は、
反応性鬱病で認知症の様な症状は出ていたが、誰が誰だか分からなくなる所までは
いかなかったし、後半は身体が不自由になり、
動き回れなかった。

身体が動ける状態で
認知症の方が進行すると、徘徊と言う問題が出てきたり、介護は、
かなり大変だと思う。

施設側も管理責任が持てない
判断の事なんだろう。

しかし働く介護者にとっては、
自宅だけで介護をするのは厳しい
から施設を利用している訳で、
急に受け入れ無理と言われても
非常に困る。

酷い症状もこれから続くとは限らず、
波があって、
また回復したりもするらしい。

その方は以前断られた経験もあり、怖いので、今の内に
移動できる施設見付けたそうだ。

どちらがいけないと言う事ではなく、皆が
安心して介護ができる環境
がもっと整う事を願います。

つづく