《働く介護者 おひとり様介護ミーティング》
ZOOMで開催。

自分がサポーターをやらせて頂いている
KABS
【一般社団法人介護離職防止対策促進機構】
の代表理事で
【ワーク&ケアバランス研究所】
運営管理責任者の和氣美枝さんが開催

前回は、和氣さん宅からの
リモートミーティングでしたが、今回は自分も
自宅からリモート参加。
本日も各地から7名集まりました。

今、介護をしている方も、
コロナ在宅勤務になる方もいる。

両立できる環境ならいいが、できない場合は、
デイサービスをお願いする
選択肢も出てくる。

デイサービスは、日曜祝日
比較的すいている場合が多いらしい。

また、三密を避ける為、
介護施設の人員削減で、
デイサービス等の利用を断られる
ケースがあったと。

介護度か低い方、家族が居る方
から優先的にお断りの対象になったりと。

それで仕事ができなくなったり、
介護ストレスの許容範囲を超える状態
が出るなど、弊害が出るなら、
泣き寝入りでは無く、ちゃんと
言わなきゃいけないと。

その場合、施設には直接言い辛かったりする。
その時は、
ケアマネジャーに相談し、
打開策を模索して貰う事。

などなど、今回も
真面目な話も、砕けた楽しい話
色々話した。

リモートなので、
全国各地から参加が可能なのは、
とてもいい。

そしてこの度、代表の和氣さんが、
【ケアラーズ コンシェル】
開設しました。こちらから

地域も関係ないので、ここに来れば、
介護情報も得られるし、介護の相談
もできる。

介護は、突然やって来る。
そして、介護は情報が大事。

自分もそうだったけど、無知な状態から
急に始まり、慌ててしまう。
分からない事すら、分からなかったり。

介護の制度や利用できるものも
知らなくて、をしたり、余計な苦労
をしてしまう方も。
心強く役立てて頂ければと思います。