愛しているからこそ辛い | なおみさんの答えは自分の中にある

テーマ:

愛しているから辛い

 

 

 

 

・・・それは

 

そこに求めるものが在るから辛いのです

 

 

愛とは

 

愛してくれるから愛するのではありません

愛しているから愛してしまうものなのです

 

 

 

愛してくれるなら

愛してくれるからと条件を付いてしまうのは

愛ではなくて取引きです

 

そこに取引きがあるから疲れるのです

 

 

 

○○してくれるから愛している

○○だから愛している

 

 

も同じです

 

 

 

 

つまり

 

○○が条件として先にあって

だから愛している

ならば私もそれに見合った○○を差し出さなくてはいけない

 

 

だから

 

疲れるのです

 

 

ちゃんと差し出す事が出来ているのか?

見合っていると理解していくれているのか?

 

 

 

自分が出来ていると思えたら(勘違い出来たら)

 

 

次は相手がちゃんと差し出してくれているのか?

が気になり出すのです

 

 

 

相手は私が出しているものに見合ったものをくれているのか?

私の方が多く出してはいないか?

 

 

常に取引を監視しているのです

 

 

 

 

 

なぜなら

 

損をしたくないから

 

 

なぜなら

 

負けたくないから

 

 

 

 

 

 

なぜならそれは

 

 

愛と言う名の

    取引だから・・・・・

 

 

 

ちゃんとしなくてはいけないのです

 

 

 

ちゃんとというのは

 

 

尽くした分だけ返してもらわなければいけない

 

時間をかけた分だけ見返りがなければいけない

 

ということです

 

 

 

ですが

 

 

 

 

 

 

愛は歓びです

 

 

 

愛は男とか女とか超越したところにのみ存在します

 

 

 

だから、それは

 

 

 

愛しているから疲れるのではなくて

必死に取引をしているから疲れるという事でございます

 

 

 

ポチっと押してくだされば嬉しいです☆

 

いつも応援ありがとうございます恋の矢

 

サゲサゲ↓     サゲサゲ↓     サゲサゲ↓  

   

 

ワンポチ ポチっとな


にほんブログ村

 

 


ツーポチポチっとな


自己啓発 ブログランキングへ

 

 

 

 

奈緒美さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります