テーマ:

本日は当ブログにお立ち寄りくださいまして

心より感謝申し上げます☆

 

 

 

 

 

なんでもかんでも

分けてしまうことで

 

 

大切なものを見失う事がございます

 

 

善と悪

白と黒

精神世界と物質世界

愛と無関心

好きと嫌い

科学と非科学

 

 

 

 

どれも必ずといって混ざり合いながら

調和していて決して分けることが出来ないものである

ということです

 

 

 

 

 

○○が善くて○○が悪い

 

 

 

 

 

と両極端な見方をしてしまえば

その対極にある

気づかなくてはいけない大切なものが

視えなくなってしまうという事のようです

 

 

 

例えば

 

ご主人様が不倫をされたとします(←また不倫ばなし笑)

奥様はさぞかしショックで怒り心頭だと思います

子供は子供で複雑な思いを抱きます

 

 

一般的にみれば『ご主人が悪い』『ご主人サイテー』

となるかもしれません

 

 

 

ですが

 

 

 

よーく自らの言動を鑑みた時

『私にも改めるべきところがあった・・』と感じる

何かがあるかもしれませんし

 

 

 

元々

ご主人様にはその要素があったのに

(気づいていたのに)

恋しさゆえに

見て見ないふりをしていたかもしれません

 

 

 

 

これを誰が悪い 

私が悪い・あなたが悪い

何が悪い

 

こうするべき

あーするべき

 

だと批判しても心が安心する事はありませんし

永遠に心が癒される事はありません

 

 

 

 

また

『だって仕方がないじゃない』と開き直ったとしても

解決する問題も解決しません

 

 

ちなみに

ティーンネイジャーまでのお子様に起こる問題は

ご両親様のカルマだと言われております

 

 

お相手さまがいることであるのなら

しっかり互いに話し合い

お相手さまの言葉に耳を傾け

今後どうしていくか?の小さな光を見つけていく

事が大切です

 

 

他者様に

 

『どうしてそんな事をしたの?』

『どうしてそれをしなかったの?』

 

 

という言葉を投げかける時は

 

自らの心に『責めの気持ち』があってはいけません

お相手さまを理解したいと思う時に使うのです

 

 

 

 

 

 

 

何かに対して覚悟がありますか?

 

 

 

 

という問いかけを耳にする事がございますが

 

本当の意味での覚悟とは

 

自らの言動に対して

 

つねに葛藤し続ける覚悟があるか?

 

 

という事です

 

 

つまり

 

問いかけ続ける覚悟の事です

 

 

これでいいのだろうか?

果たしてこの結論は間違っていないのだろうか?

○○にとってはどうだろうか?

 

 

 

『本当に?』

『ほんとうに?』

 

 

と問いかけ続ける・・・・

 

 

これこそが大切なのです

 

 

人というのは何でも結論を出していきたいものです

 

 

 

 

なぜならば

頭の中に迷いがある状態は

不安を伴うからです

 

 

ですが

 

 

それこそが生きるという事なのです

 

 

 

 

自分の人生は間違っていない

 

 

これはその通りです

 

 

ですが

 

 

選択を間違っている時はある

 

 

 

という事を忘れてはいけません

 

 

誰でも間違う事はあるんだからいいよね

 

 

とか

 

 

自分の幸せの為に誰かが犠牲になる事もあるよね

 

 

 

ではなく・・・・

 

 

 

間違いに気づいた時点で軌道修正が出来る

柔軟さが大切だということです

 

 

 

 

軌道修正をする事なく

同じことを繰り返しているのは

出来事から何も学んでいないという事です

 

 

・・・というおはなし

 

 

 

 

 

 

ポチっと押してくだされば嬉しいです☆

 

いつも応援ありがとうございます恋の矢

 

サゲサゲ↓     サゲサゲ↓     サゲサゲ↓  

   

 

ワンポチ ポチっとな


にほんブログ村

 

 


ツーポチポチっとな


自己啓発 ブログランキングへ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

奈緒美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります