テーマ:

本日も当ブログにお立ち寄りくださいまして

心より感謝申し上げます☆

 

 

最近

過去の自分を振り返ることが多く

『あんな事もあったな』

『こんな事もあったな』

と思いを巡らせております

 

 

子供の頃から

社会人になるまで

そして

社会人になって

つい最近までも

 

なーーんとなく

言われるがまま

そのまま

 

生きてきたような気がします

 

傍から見ると

好きに自分の意志で生きているように

見えたかもしれませんし

よく

『なおみは自由でいいね♪』

なんて言われてましたので

そう思われたと思いますが

 

私は人の望むことがわかります

 

『こう言って欲しいんだろうな』

『こうして欲しいんだろうな』

 

ということが

 

お相手様が言葉にしなくてもわかってしまうので

自分の意に反して

それをやって(言って)しまう

合わしてしまうという

ことが多々ございました

 

 

真逆の言葉を使っていても

 

 

きっとこう言って欲しいんだ

きっとこうして欲しいんだ

 

 

というのがわかり

 

私の本心は別のことを望んでいても

そちら(お相手様が喜ぶ方)を選んでいました

 

 

ふと思い出すのが

友人と長期の海外旅行に出かけた時のことです

友人が荷物を少しでも減らしたいということで

シャンプーを友人が購入

リンスを私が購入する

という提案をしましたので私は承諾しました

 

 

私はこだわりが昔から少なく

現地調達派だったのですが

その時の私は

友人が指定したリンスを購入することとなりました

 

 

彼女は長髪ストレート

私はショートウェーブ

 

 

彼女が指定した銘柄は

ストレート専用若しくはウェーブ専用があるものでした

当然 ・・・ わたしは

ストレート用のリンスを買いました

彼女もストレート用のシャンプーを買ってきました

 

 

 

どちらもストレート用だったので

『さすが!!私たちは気が合うね♬』

 

 

となれば良かったのですが

 

 

 

その時の私は

若かったこともありなんだか複雑な気持ちになりました

 

 

シャンプーがストレートであれウェーブであれ

そんな事はどうでもいい事です

 

 

ただ

その時の未熟なわたしは

自分の事だけを考えて選択できる彼女に対して

嫉妬したのだと思います

 

 

つまり

私の本心は

 

何も考えずに

ウェーブ専用のリンスを買える人間でいたかったんだ・・・

もしくは

『ごめん私は現地調達派だから』

と言いたかったんだ

 

 

ということが

 

今なら理解できます

 

 

 

つまり

お相手様の思考や望みがわかるのだから・・・

 

当然の事として

合わさないといけない

合わすのが当たり前である

 

 

強迫観念にも似た

思い込みがあったのです

 

 

私の友人は

そんな小さな事で機嫌が悪くなったりするような

肝っ玉の小さな人ではありません

 

おおらかで優しくて楽しい人です

 

 

○○さんが悪い

○○さんがこうだから

 

 

とお相手様を責めていては答えなど

見つかりません

 

 

感情が動くということは

そこに

自分自身の真実の願いや本心があるのです

 

本当はどうしたかったの?

本当はどう言いたいの?

本当はどう思っているの?

 

 

と問いかけてみてください

 

 

色々なことが腑に落ちるようになってきますよ

 

 

ポチっと押してくだされば嬉しいです☆

いつも応援ありがとうございます恋の矢

 

サゲサゲ↓     サゲサゲ↓     サゲサゲ↓  

   

 

ワンポチ ポチっとな


にほんブログ村

 

 


ツーポチポチっとな


自己啓発 ブログランキングへ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

奈緒美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「楽に生きる方法」 の記事