最近では、ラピッドテレコムのフリポケと同方式を個人向けに展開している、

関係先がありますが、

「個人には飛ぶように売れてる」とのこと。格安固定回線より売れてしまっているそう。

 

安くて速度制限なし、パケット容量制限ないから。そしてちゃんと速度もでてるからです。

 

お話は変わりますが、安価で済ますために、CafeなどでフリーWIFIを使う方も増えていますが、

接続する際にはお店が提示している情報を確実に確認し、

IDが合致しているか、念には念をいれて接続してください。

 

なぜなら、悪い人が、似たような電波飛ばして「狩場」にしてるかも知れないからです。



 

そこで気楽にモバイルで業務を行えるようにするため、

ラピッドテレコムのポケットWIFI フリポケがおすすめです。

自分専用ですので、安心です。

速度も良好なので、普通につかえます。

 

 




引用元:フリーWIFIより、ポケットWIFIをお薦めする理由:その電・・・


ipadのハングアウトで事務所と1日、ビデオ通話で結んでいたら、

1日で8.5GB消費してしまった。制限ないから大丈夫。

 

ホテルでインターネットを用意していただいてるが、

怖くて使いたくないと思ったことありませんか?

会社でVPNつないだりする際に、ブラックボックス過ぎて気持ちがわるいですよね。

 

そんなとき、自前のポケットWIFIなら快適です。

フリポケなら、容量制限もスペード制限もかからないからです。

 

↓ホテルのWIFIでのスピード



 

自分のポケットWIFI フリポケでの速度↓



逆にこっちの方が早かったりした。

時と場合によってまちまちなところはありますが、

まあ、十分 つかいものになります。

 

 




引用元:大阪のホテルでは怖くて挿しこめず、自前のポケットWIFIで快・・・


ここんとこ、ポケットWIFIの速度測るのばかり、

こうして書いてますが、こればかりがラピッドテレコムの特徴ではなく、

数ある中の1つなのです。

 

でも、ついつい気になって測ってしまいます。

 

10/16には、 山梨県 石和温泉 auショップ内 で

フリポケ速度計測しました。

なぜか、auショップ内でソフトバンク回線の速度測ってます( ´∀` )

 

 






引用元:山梨の温泉でも快適モバイルワークできました。


一応、これだけ出てれば、スタバさんのWIFIに頼らなくても、自前でインターネットや会社に接続できるので、

セキュリティ的に安心。ぜひとも、モバイルワークに フリポケを役立てていただきたいです。

 

飛んでるWIFIが安全か確認して使ってる人は稀だし、間違いなく悪い人は、

フリーWIFIスポットを狩場にしてるはず。

スタバさんのWIFIかと思ったら、似てるけどちょっと違うWIFIかもしれませんよ。

 

自分はしっかりしてると思っても、全社員が隙なく動けるとは思えないので、

いっそフリーWIFI利用を禁止した方が、管理上楽ではないですか?

 

 



 

端末 NEC PA-MR05LN




引用元:フリポケ:今日の速度 溜池山王駅 地下スタバ


ラピッドテレコムでは、契約しばりして、端末を分割払いで負担してもらうような事はしていません。

 

端末は端末で、良いものや導入しやすい安価なものを、

回線契約とは独立させて調達することをお勧めしています。

 

 

今回の端末 PA-MR05LN は、

購入価格で2万円くらいはかかってしまう端末ですが、

ラピッドテレコムで、スピードテストしてましたら、

都内のある場所では、70Mbpsも出てしまった優れモノです。

ほぼ30Mbpsくらいはどこでも出てます。

電池の持ちは、若干早くなくなるよう。

 

[筐体画像]

 

 

 

 

 




引用元:フリポケで動作検証済みお勧めポケットWi-Fi端末 NEC ・・・


他の有名どころのスマフォ内線で挫折した方が、

MOT/PBXを評価いただけることが多い点

 

・音質がいい (あ、本当にいい・・)

 

・本体の仕入れだけで、スマフォ内線のライセンス料が、
何十台もつかっても無料だったら、
普通にリース契約で販売すれば、超安い!

 

と、喜んでいただけます。

 

昔の衝撃的な出来の悪さ( ´∀` )とは、いま全然違います。

 






引用元:MOT/PBX代理店をご検討の方へ:スマフォ内線に月額費用が・・・
 
現状、社内WIFIでスマフォ内線を構築するより、
 
携帯電話網のLTEで、スマートフォンの内線化を構築ケースが多いです。
 
PBXがクラウドでなく、オンプレミスであっても同様です。
 
現場をよく知れば、今のベストチョイスはこうなる場合が多いです。
 
 
WIFIでもOKと気軽にいってる同業者さんもいるようですが、現場を知らないのです。
 
 
それが、このプライベートLTEが、社内WIFIにとって変わるかも知れませんね。
 
社内LTEとか、言われるようになるのですかね。
 
 
 
 
 
プライベートLTEとは何か

 

フツーの会社が専用LTEを自前で安価に、変わるネット構築の常識

 
日経 xTECH出典:日経 xTECH 2018年 8月 27日

 

 携帯電話サービスは誰もが簡単に加入でき、基地局などのインフラを加入者間で共用している。では、通信サービスにおける専用線、あるいは業務システムにおけるオンプレミスのように自社専用の携帯電話ネットワークを作るとなると、どうだろう。楽天が携帯電話事業への参入で6000億円の設備投資を表明したニュースを見た読者なら、とんでもなく高いハードルだと感じるかもしれない。

 しかし今後は、企業が自社専用の携帯電話ネットワークを安価に作れるようになる。これを「プライベートLTE」という。LTEは第4世代移動通信システム(4G)と呼ばれ、現在の携帯電話サービスで主に用いられている通信技術だ。つまりプライベートLTEとは、自営の携帯電話ネットワークのことである。2017年10月に電波法関連の法整備が完了して実現可能となり、まさに関連製品・サービスが増えつつある。

 もちろん、自社専用の携帯電話ネットワークなので、基地局も自前で建てる必要がある。基地局と言うと、小高い山の上などにある、大きなアンテナを備えた鉄塔を思い浮かべるかもしれない。しかし、プライベートLTEの基地局はそのような大掛かりなものではない。以下の写真の通り、形状・大きさとも無線LANのアクセスポイントに近い。

Baicells Japanの小型LTE基地局。企業向けの無線LANアクセスポイントのように見えるが、LTE基地局である。携帯電話事業者向けではなく、企業向け

ポケットWi-Fi「フリポケ」利用規約




第1章 総則

第1条 利用規約の適用

株式会社ラピッドテレコム(以下、「当社」といいます。)は、ポケットWi-Fi「フリポケ」利用規約(以下、「利用規約」といいます。)を定め、この利用規約に基づき「ポケットWi-Fi フリポケ」(以下、「本サービス」といいます。)をサービス提供するものとします。

第2条 利用規約の変更

当社は、利用者の承諾を得ることなく利用規約を変更することがあります。この場合、本サービスのご利用条件は、変更後の利用規約によります。

第3条 提供区域・利用区域
 
  • 本サービスの提供地域は日本国内とします。
  • 本サービスは、日本国外から利用できる場合がありますが、当社は、日本国外から利用可能であることを及び当該国において合法又は適切であることを保証しません。又、当社は、事情の変更により、日本国外からの利用ができない処置をとる場合がありますが、その場合には本サービス料金の減額等の変更は一切行いません。
第4条 提供サービスの内容

当社の提供するサービスは、SOFTBANKネットワークを利用したLTE通信のSIMカードの提供です。

第5条 利用者の定義

利用者とは、当社に本サービスの利用申込を行い、当社が本サービスの利用申込を承諾した法人および団体または個人事象主とします。一般的な業務で利用される方を対象としております。

第2章 契約

第6条 権利の譲渡等の制限

利用者は、本サービスの提供を受ける権利等利用契約上の権利を第三者に譲渡することはできません。

第7条 利用申込
 
  • 本サービスの利用申込をする方は、当社が別に定めるポケットWi-Fi「フリポケ」申込書(以下、「利用申込書」といいます。
  • 当社が別に定める本人確認書類を提出するものとします。
第8条 契約の成立

利用契約は、利用申込書を当社が承諾したときに成立するものとします。

第9条 契約者情報の変更

利用者は、本サービスの申し込みをした際に当社に提出した申込情報に変更があったときには、速やかに変更申込により、その旨を当社に通知するものとします。

第10条 申込の拒絶

当社は、次の各号に該当すると判断した場合には、本サービスの利用申込を承諾しない場合があります。なお、その場合は当社より申込者に対し、その旨を通知するものとします。
 
  • 本サービスの利用申込者が第11条1項各号のいすれかに該当したとき
  • 本サービスの利用申込者が過去において第11条1項各号のいすれかに該当したとき
  • 利用申込に虚偽の事実を記載したとき
  • 本サービスの利用申込者の指定した口座が、料金収納代行会社や金融機関等により、利用の差し止めが行われているとき
  • 当社が本サービスを提供することに著しく困難な状況にあるとき
  • その他前各号に準ずる場合で当社が契約締結を適当でないと判断したとき
第3章 提供の停止

第11条 提供の停止

当社は、利用者が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合には、本サービスの提供を停止することがあります。
 
  • 本サービスの料金または遅延損害金等を支払期日までに支払わないとき
  • 当社あるいは第三者の著作権、その他の知的財産権を損害する行為、またはその恐れのある行為を行ったと認められるとき
  • 当社あるいは第三者の法的保護に値する一切の利益を損害する行為、またはそのおそれのある行為を行ったと認められるとき
  • 当社の本サービスの提供を妨害する行為、あるいはそのおそれのある行為を行ったと認められるとき
  • 申込にあたって虚偽の事項を記載したことが判明したとき
  • 料金収納代行会社または金融機関が、利用者の指定した支払い口座を使用できなくなったとき
  • この利用規約の規約に違反する行為で、当社の業務遂行または当社の電気通信設備に支障を及ぼし、または及ぼすおそれのある行為をしたとき
  • 前各号に掲げる事項の他、当社が不適切と判断するとき
当社は、前項の規定により本サービスの提供を停止しようとする場合は、あらかじめその理由、実施時期および実施期間を利用者に、当社の定める方法で通知します。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。

第12条 提供の中断

当社は、当社の設備の保守、工事または障害等やむを得ない時には、本サービスの提供を一時中断することがあります。本サービスの提供を中断する場合は、当社は利用者に対し、その旨とサービス中断の期間を事前に通知します。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。

第13条 提供の制限
 
  • 当社は、天災、事変その他の非常事態の発生により、通信需要が著しく輻輳し通信の一部または全部が接続することができなくなった場合、あるいはそのおそれがある場合には、公共の利益のために緊急を要する事項を内容とする通信を優先的に取り扱うため本サービスの提供を制限し、または一定期間中断する措置を取ることがあります。
  • 当社は、利用者が当社の設備に過大な負荷を生じる行為をしたときには、提供を制限することがあります。
第14条 サービスの終了

当社は、本サービスの全部又は一部の提供を終了することがあります。ただし終了する場合はその1カ月前までに利用者に通知いたします。なお、本条に基づくサービス終了により利用者が損害を受けたとしても、当社はその損害を賠償する責任を負いません。

第15条 当社が行う利用契約の解除

当社は、次の事項が発生した場合は利用者との利用契約を解除できるものとします。この際、利用者が当社に料金を前払いで支払い済の場合でも料金の返還はせず、利用者に生じた一切の損害を賠償する責務を負わないものとします。
 
  • 第11条の規定により、本サービス契約の利用を停止された利用者が、提供の停止期間中になおその事由を解消しない場合
  • 利用者が第11条の規定により当社による本サービスの提供に著しい支障をきたす恐れがあると、当社が判断した場合
第16条 解約
 
  • 利用者は、特別な定めのない限り、本契約の有効期間中といえども、当社に対する書面による1か月前の予告通知により本契約を解約することができます。ただし、料金等の支払いは第17条及び第20条の規定のものとします。
  • 前項による解約により本契約が終了した場合、1カ月未満の日数については、その端数を切り上げて1カ月とみなし日割り計算は行わないものとします。
第4章 料金等

第17条 料金等の支払

本サービスの料金および関連費用は次の各号からなり、料金等は申込書の記載のとおりとします。第11条の規定により本サービスの提供があったものとして取り扱います。

第18条 料金等の変更

当社は、都合により本サービスの料金等を変更する場合があります。但し変更する場合には事前に利用者に案内するものとします。

第19条 契約者の支払い職務

利用者は、当社に対して契約内容に基づく料金等を第21条に規定した方法で支払うものとします。

第20条 料金等の計算方法

以下の各号の場合を除き、毎月、暦月にしたがって料金を算出します。
 
  • 利用開始日が月の途中であっても、SIMカード到着日の月から丸1か月分の料金が支払い対象となります。
  • 料金の支払い対象月の額は、当該月のデータ保管料とオプションの合計額となりますが、利用者登録時は、別に初期費用をいただきます。
  • 契約解除の日付に関わらず、当該月の料金等の額は1カ月分いただきます。
  • 利用者がサービスの変更を行った場合、変更を行った月の料金は、その月におけるサービス料金が最大となるものを適用するものとします。
第21条 料金等の支払方法
 
  • 支払対象月の利用者料金等の支払は、当社の指定した料金収納代行会社が指定した期日に、利用者の指定口座から料金収納代行会社により口座振替を行うことで実施されます。
  • 前項による支払ができない場合は、別途当社が指定する期日までに当社指定の口座に振込むものとします。この際、振込手数料等は利用者の負担とします。
第22条 延滞損害金

利用者が、料金等その他の債務いついて支払期日を経過しても支払いが無い場合は、支払期日の翌日から支払い日の前日までの日数について、年14.5%の割合で計算して得た金額を、延滞損害金として、当社指定する期日までに支払うものとします。

第23条 消費税

利用者が、当社に対し本サービスに関する債務を支払う場合において、支払を要する額は、別に定める料金等に消費税相当額(消費税法、昭和63年法律第108号および司法に関する法令の規定に基づき課税される消費税の額)を加算した額とします。

第5章 雑則

第24条 反社会勢力の排除
 
  • 利用者は、自らが暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等と密接な関係を有する者(併せて以下「反社会的勢力関係者」という)ではなく、本サービスが反社会勢力関係者の活動を助長し、反社会的勢力関係者の運営に資することはないことを表明保証します。
  • 利用者は、前項に対する違反を発見した場合、直ちに当社にその事実を報告するとともに、速やかに違反を改善する措置を取り、当社に結果を報告するものとします。
  • 当社は、利用者が第①項に違反した場合、催告その他何らの手続きを要することもなく、直ちに本サービスの全部又は一部を解除することができるものとします。
  • 前項の定めにより、本サービスを解除したときは、当社は、下院に障害が生じても、何らこれを賠償ないし補償することを要せず、当社に損害が生じたときは、利用者はその損害を賠償しなければならないものとします。
第25条 責任の制限

当社は、本サービスを提供すべく場合において、当社の責に帰すべく理由により利用者に対し本サービスを提供しなかったときは、本サービスを利用できないことを当社知った時刻から起算して連続して72時間以上本サービスを利用できなかった場合に限り、利用者からの請求により、その料金等の支払対象月における支払済みの料金額を限度として損害の賠償をします。ただし、利用者が当該請求をし得ることとなった日から3か月を経過する日までに当該請求をしなかったときは、利用者はその権利を失うものとします。

第26条 免責
 
  • 当社は、利用者が本サービスの利用に関して損害を被った場合でも、何らの責任を負わないものとします。
  • 利用者が本サービスの利用によって第三者に損害を与えた場合、利用者は自己の責任をもって解決するものとし、当社に損害を与えないものとします。当社が当該第三者に対して損害の賠償をした場合、利用者は当社からの賠償請求に応じ直ちに求償請求額の全額を支払うものとします。
  • 利用者が本サービスを通じて得られた情報の正当性・完全性・有用性・その他の利便性は、利用者が利用者の責任で判断するものとし、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても当社は責任を負わないものとします。
  • 一般業務用途に提供しているサービスのため、家庭内利用、未成年者の利用、ゲーム機等趣味の為の利用に対して保守サポートは提供できません。
第27条 管轄裁判所

利用者と当社との間で本サービスの利用に関連して紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第28条 準拠法

本サービスの利用に関する問題は、日本法を準拠法とします。

第29条 個人情報の管理
 
  • 本サービスの運営にあたり、利用者は、提出された利用者の個人情報を当社は、重要なものと認識し、その取扱いについては細心の注意を払い、厳重に管理するものとします。この個人情報は、第2章および第3章に該当する場合、または何らかの事由により利用者に連絡を取る必要が生じたときに利用します。また、利用者本人からの個人情報に関する問い合わせ、変更および削除の要請については、合理的な範囲で速やかに対応するものとします。
  • 当社が管理する個人情報は、当社の業務委託先などに対して当社が委託した業務以外で個人情報の利用を資源した契約を締結している場合、あらかじめ利用者の同意がある場合または法令等に基づいた要請による場合を除き、第三者に提供または開示しないものとします。
附則

 本規約に記載のないことで、提供条件表・契約書・申込書に記載のあることは、この利用規約と同等であることとします。

この利用規約は、平成30年10月1日から実施します。




引用元:ポケットWi-Fi「フリポケ」利用規約

ちなみに最速陸上動物は、チーター。3秒で96キロに達するって・・・

10_e11

 チーターは時速120キロで走る。走り始めて3秒で96キロに達し、加速力も車より速い。

 

 

 

 

チーターさんは本当に凄いが、インターネットの接続は、

相変わらず誇大表記がまかり通っている。

 

ギガギガと。ベストエフォートの名のもとに。

 



ニューロがよく下り2G、上り1Gと謳っているが、
肝心のニューロが取り付ける回線終端装置のLANポートの伝送速度が、、
1Gまでしか対応していないという、、なんとも、


ただしフレッツと違い、最高速度はきちんと800Mbpsくらいは出るよう、
そしたら相当早い、ラピッドテレコム本社の8倍の速さと10メガの帯域保証付き

ちなみに10Gコース(月額180,000円)にすると、
しっかり10G対応の回線終端装置になる。
本当の本当にスピードを超高速にするならこっちか、
ただPC自体が10GBに対応していないほうが多いので、そこまでしても意味はない、、