先日のブログ記事『「知的レベル」と「精神レベル」は物事の考え方を変えるだけでどんどん上がる!』の続きです。

 

実際にどんなふうに考え方を変えれば波動が高くなるのか?ということについて書いてみたいと思います。流れ星

 

例えば、交通事故に遭って腕を骨折してしまったとします。

結構ひどい骨折で全治2ヶ月という診断を受けました。

普段できたことが大分できなくなってしまい、車も運転できないし、ご飯もなかなか満足に食べることができません。

職場に行っても同僚の協力を得ないと仕事も上手く運ばず、家に帰ってきてもパートナーや家族の力を借りないと満足に日常生活が送れない状態になったとしましょう。プンプン

 

このような状態になった時、多くの人はイライラして家族にあたったり、思うようにならない現状に対して腹立たしい感情を自分自身や周りの人に爆発させることも少なくありません。ムキー

 

中には、なぜ自分ばかりこんな目に遭わなければいけないのだ!手が自由に動かないのにもっと周りの人は気を使ってくれればいいのに!手が動かなければ何もできない!こんなことならあの時車なんて乗らなければ良かった!あの道を通らなければ良かった!こんな惨めな思いをして何もできないんだったらあの時死んでしまえば良かったんだ!などと理不尽な後悔にまで感情が発展してしまう人もいるかもしれません。

 

でも同じような状態になった時、全く違う視点から物事を見ることができる人もいます。

 

今まで当たり前のようにできていたことが実は当たり前ではなかった!健康で自由に動けるというのがどれだけありがたいことだったか知ることができてよかった!周りの人たちが自分の時間を削って自分のために力を貸してくれている…人ってありがたいな!最近忙しさにかまけて自分を大切にしていなかったから、ちょっと自分をゆっくりと見つめることができる期間を与えられたんだな!普段できなかった読書でも思う存分楽しもう!命があって本当に感謝だ!おねがい

 

といったような全く違う捉え方をする人がいます。

 

どちらが良いとか悪いとかではありませんが、前者のように物事をとらえる人と、後者のように物事をとらえる人とでは、住んでいる世界がすでに違っています。

 

前者は後者の考え方をする人から影響を受けてどんどん変わっていける人であれば同じような波動をキープし、長い期間友人やビジネスパートナーとしてやっていくことも可能ですが、その考え方を変えようとしない人というのはたくさんいて、変わらなければ波動が違いすぎますからお互いに居心地が悪くてすぐに離れていく結果となります。

 

平面的な視点で物事を見ていくと、この世界は相対性の世界ですから2つの価値観のどちらかにウエイトを置きがちです。

正しいか間違っているか。ダメなのか良いのか。苦しいのか楽しいのか。

 

「知的レベル」と「精神レベル」を上げていくには、相対的な二価値判断を主体として物事を見ていくのではなく、立体的な視点から物事を見ていくことが大切です。

空を飛ぶ鷹になった気持ちで物事を俯瞰して見つめることができると、今まではただ苦しいだけの出来事と思っていた事が実は自分に大きな気づきを与えてくれる出来事だったんだといったことが見えてきます。

 

マスコミが流してくるニュースもただ鵜呑みにして恐怖を感じたり、一方的な情報で正しいとか間違っているということを判断するのではなく、「本当にそうなのか?」「この情報で得するのは誰なんだろう?」「この情報を流すことによってどこに誘導したいんだろう?」「今まで正しいと言われてきたこの価値感は本当に正しいの?」といったように自分なりの認識力を重視しながら見ていくことも大事です。

 

こういったことも「物事を様々な角度から見つめて考えてみる」というトレーニングをしていくことで養われます。

日々トレーニングしていくことで「知的レベル」と「精神レベル」がセットで向上していき、それが高い波動の形成に繋がっていくのです。晴れ

 

逆に知識ばかりを詰め込み過ぎると高次元の存在とは繋がりにくくなってしまいます。

自分はどう考えるのか?自分にとってそれは本当に必要なことなのか?健全な社会や世界を構築していくために重要なことなのか?といった自己の認識力を高めることに力を注いで行った方が良いです。

それをサポートするために知識は必要となりますが、ただ知識を詰め込むだけで認識力を高めることに繋がらない知識ははっきり言って目覚めの邪魔になってしまうことの方が多いのです。ショック

 

昨今クイズ番組がブームになっていますが、詰め込んでいる知識を競い合っているだけで認識力を高めることには繋がっていません。

クイズ番組がゴールデンタイムを占めているということは、それだけ人の認識力が育たないように知識の詰め込みにフォーカスさせたいのだな…と私は感じています。

なのでクイズ番組は見ませんし、始まるとテレビも消してしまいます。

 

話がそれましたが、ぜひいろいろな角度から物事を見つめて考える癖をつけていただくと、不必要に不安になったり悩んだりすることも減ってきますから波動を高めることに貢献できるかと思います。

 

悩んだり不安になったり、小さなことで心配になって心を奪われてしまうのは、平面的な世界で物事を考えてしまうからです。

立体的に考えるようになってくると、今までの心配や不安は何だったんだろう?という状態になってきますからね。グッ

 

 

 

全国の有名書店、Amazon等をオンラインショップで購入できます!