私は、個人が持っている知識や情報なんてたかが知れていて、ましてや「自分が正しい」などという認識はほぼ妄想レベルの話だと思っています。時計

 

来年で経営者として10年を迎えます。

一応経営の世界では、経営者として10年やってこれれば経営能力があると判断されるそうですが、おそらくよほどのことがなければ、私も来年10年目を迎えることが出来そうです。

 

今までがむしゃらにトライ&エラーを繰り返してやってきましたが、大切にしてきたことは「どんな人からも学ぶことはある」ということです。

 

経営とかをやっていると、なかなか人から指摘されるということも少なくなってきます。

指摘されなかったり、耳の痛いことを言われなかったりすると人は「自分のやっていることが常に正しい」という錯覚に陥りやすくなります。

正しいかどうかなんて実際は分からないし、正しいかどうかを基準に何ごとも決めていたらあまり幸せを感じる人も少なくなってしまいますからね。アセアセ

正しさの基準なんて人それぞれ違うし、正しさが優先されてしまうとニードがないがしろにされ、むしろそちらの方が傷ついたり悲しむ人が多くなってしまう可能性が高くなります。

 

自分のやっている事が正しいと思い始めると、周りがどんなに良いアドバイスをしてくれても、それに耳を傾けなくなってしまいます。

私は、素直に耳を傾けられなくなる経営者になるのが怖いのです。

なぜなら、素直に耳を傾けてしまうと自分と向き合うことも多くなり、改善点や過ちが見つかればすぐにそれを改善しなければならず、変化も痛みも伴います。ショボーン

しかし、自分を変えていくことが怖くなってしまうと素直に耳を傾けられなくなり、井の中の蛙や裸の王様になってしまう可能性も出てきます。

上に立つ者というのは、最もそういうところに気をつけなければならないと思っています。

それができないと従業員にも芯の通った態度が取れなくなったり、厳しいけれどみんなが良くなる提案や方針といったものを打ち出せなくなってしまいます。

 

私は小心者ですから、そうやって耳を傾けなくなり傲慢になり、傲慢になると組織は傾きますから、それが一番怖いことだと思っています。

だから、もっともっと経営に関する事を勉強したいと思っているし、カウンセリングに関連することももっとスキルを磨いていきたいし、そういった在り方がものごとを柔軟に捉えピンチになった時も上手く乗り越えていける訓練になっていくのではないかという思いがあります。流れ星

経営者にとって黒字を出すという事と、従業員と利用者さんを路頭に迷わせないことが最低やらなければならない仕事だと思っています。

 

来週からまた4ヶ月に及ぶビジネスのシステムづくりを学ぶ講習会に参加します。

当法人の顧問であるSS総合会計の代表と仲の良い、東大出身の凄腕コンサルティング事業を営む代表の方にレクチャーを受けさせていただくことになりました。コーヒー

 

私は学校の勉強はそんなに好きではありませんでしたが、こういう勉強は大好きで、何かを学ぶとか、スキルアップすることにものすごく興味を持っています。

またそれを周りの人に還元していくことにも喜びを感じます。虹

 

今までの経験があるし、今までやって来れたんだからこれからも続いていく…という自信ももちろん大事だとは思うのですが、私は根拠のない自信は根拠のないものとして別のところに保管し(全然悪いことではないので)、もう一方で素直にものごとを吸収しその中から取捨選択していくということを面倒くさがらずにやっていきたいと思っています。

 

その積み重ねが大事だと感じているので、いつもなんどきも傲慢にならず、知ったかぶりをせず、素直な気持ちで3年、5年、10年と経営を続けられる人間になっていたいと感じています。照れ

 

 

 

全国の有名書店、Amazon等をオンラインショップで購入できます!