私はまだこんなに重度障害なので、そういったケースは今は滅多にないですが(初期の頃はそれでも少しはある)、カウンセラーが注意しなければならないことの一つに、

 

『恋愛感情を抱かれないように努める』

 

ということが挙げられるかと思います。

 

カウンセラーとクライアントという関係に限らず、困った時や悩んだ時に話を真剣に聞いてくれたり、助けてくれる相手に好意を持つのは何も不思議なことではありません。

多くの恋愛感情はそういったことが発端となって発展していくものだと思います。

 

しかし、カウンセラーとクライアントという関係は、関係が密になり過ぎると相手の依存心を助長させてしまうリスクを持っています。

依存心というのは誰にでもありますが、特にカウンセラーというのはその依存心を持ちやすい相手となりますので、注意が必要となります。

 

依存心が強くなってくると、それが独占欲へと変わってきます。

独占欲が強くなってくると、自分と他の人が平等であることに苛立ちを感じてきます。

自分だけを見ていてほしい…。自分だけを特別視してもらいたい…それが恋愛感情へと発展してしまうこともあり、そうなるともうカウンセリングを続けていくことは不可能になります。注意

 

女性クライアントは男性カウンセラーに、男性クライアントは女性カウンセラーに心を開きやすい傾向がありますが、故に特別な感情も持ちやすくなるので、いくらタイプの異性であっても自分自身をコントロールする力が大切になります。

 

カウンセラーとして長年やっていくために必要な能力を挙げるとするならば、その中の一つに

 

『恋愛感情を持たない、持たせない、コントロールする力』

 

が確実に入ってくるだろうなと思います。カギ

 

人間が人生を踏み外す原因の多くは『色と金』だと思います。

そして、色と金に走ると大抵の場合、謙虚さを失い傲慢になり、良い人たちが離れていってしまいます。

 

経営者も同じですね。

絶対に自分の所の従業員には手を出さないことです。

バレないと思っても必ずバレますし、女と金にルーズな経営者がいる会社は確実にポシャっていきます。ブー

 

イケメンや美人カウンセラ-の方は人一倍気を使うと思いますが、カウンセラーとして成功するためには絶対に重要な部分となりますので、意識しておいた方が良いかと思います。ニコニコ

 

 

 

 

再現性があり、実際に日常生活に生かせる!

迷った時、悩んだ時、自分らしくありたい時、必ず開けたくなる…そんな一冊。

 

実務教育出版より全国有名書店にて発売中!