生きてるだけで丸儲けっ!!

生きてるだけで丸儲けっ!!

脊髄性筋萎縮症という生まれつきの重度障害を抱えながら、『生きてるだけで丸儲けっ!!』と高らかに叫ぶブログ!明るく楽しく死ぬまで生きる!がモットーです。

NEW !
テーマ:

 

26歳の時、私は友人と一緒にある選択を守護霊や神仏から迫られました。

それは、「本気で心を磨いて新たな次元に向かうか?」という選択でした。滝汗

 

「○に・(チョン)入ります。いいですね?」

 

と何度も何度も尋ねられ、私は訳が分からなかったので20分近く返事に困っていました。

「神々様もみんな見ています。今ここで決めてください…」

ということを言われて、私と友人はやります!と決断したのです。

「では○に・(チョン)入りました。」

と守護霊たちから言われ、決断することからスタートしました。

 

○に・(チョン)というのは、簡単に言うとあらゆるものが調和した理想の姿、神人合一の状態を表す印です。

 

決断をしてから「あなたの役目は次世代に通用する会社を作ることです」と全く予想外のことを伝えられ、最初は逃げまくっていたのですが、立派に会社もできました。

(次世代に通用するのかどうかをもうちょっとしてみないと分かりませんが、少なくともそのようには作っています。)

 

私たち人類にとって2020年というのが分岐点となります。

そこから先は今まで私たちが築き上げてきた常識や知識、ノウハウといったものがあまり通用しない世界に突入していきます。アセアセ

科学技術や医療技術、新たな生き方やコミニュティーの在り方等はどんどん進化し、心が軽くなった人たちがリーダーシップを取りそういったものを全体のために有効利用していくようになります。

2021年からの約10年くらいの間に職業の数もぐんと減ってくるかと思います。

 

今この時期に地球上に生きている魂、つまり私たち人類には共通の目的があって敢えて今を選んで降りてきています。

それはどういった目的かと言いますと、肉体を持ったまま地球と共に五次元世界に移行し、自分たちの本当の姿は神であったんだ!ということを体験する目的です。

 

それは今生きている人間だけではなく、今回の地球の次元上昇(世界の立て替え・立て直し)は、神界・霊界・人間界すべてにおいて行われますので、誰一人、神でさえ逃れることが出来ないようですが(神界は終了しています)、肉体を持ったまま次元上昇できるというのはすごいことで、その千載一遇のチャンスを絶対に逃さない!という思いで私たちはこの時期に生きています。流れ星

 

ただ、波動をかなり落として超しんどい思いをして、神であることを思い出すプロセスを体験することにワクワク楽しみながら降りてきたのに、そのことを忘れてしまっている魂もたくさんかいらっしゃいます。ガーン

でも、すべての魂が共通の目的で降りてきているので、余分な感情や必要ないものをどんどん捨てていくことによって、心が軽くなると本当の目的というものがクリアに見えてきます。目

 

その作業が2020年までの間に3度の飯より、給料や何よりも重要になってきます。

2020年までの間にできる限り心を軽くし、次元上昇の波に乗れた人、私が言われた言葉に置き換えれば「○に・(チョン)」が入った人は、神人一体と呼ばれる状態となり、肉体を持ったまま新たな地球に移行します。

 

移行した時というのはおそらくはっきりとは分からないと思います。地球

でも、悩みや不安や恐れが殆んどなくなっているはずですし、また近しい人間関係も同じような人たちばかりになりますので、とにかく目に映るすべてが輝いて見え、生きることが楽しくて、思いはどんどん実現していってしまうし、足りないものはなくなるし、病気も滅多にならないし寿命も延びるし…という環境に変わってきますので徐々に明確に分かるようになると思います。

 

一方で、自分は目覚めないよ、そんなバカなことがあるわけないじゃん!ということを選択したとしても大丈夫です。

今世を含めた来世以降も、現在の地球と似たような、もしくはそれよりちょっと波動が低い星で何万年かにわたって(具体的な期間は分かりません)、自分が神であったことを思い出す長い長い輪廻の旅に出かけます。星空

今まで人類が経験してきた戦争や貧困や不安、恐怖、嫉妬、差別と排除、優越と劣等、殺人行為、あらゆる犯罪等…が思い出すためのツールとして利用される星に移行していくだけです。

 

なので、どちらを選択しても本人の自由意志に委ねられているので良いそうです。

現時点では、目覚める生き方を選ぶ人々が急増しているようですので、とても良い流れにはなっていると思います。ニコニコ

そりゃそうですよ、こんな千載一遇のチャンスは何万年か先まで来なくて、その期間またはわざわざ苦しみの輪廻を経験しなければならないなんて、守護霊さんたちだって嫌ですし、必死になって目覚める道を選ぶように日々休むことなく訴え続けているのですから。

 

友人と2人で神仏や守護霊との交流が始まった時も、本当にたくさんの守護霊さんたちが「うちのにも話してやってくれ」とか「厳しく伝えてやってほしい」とか、皆さん必死でした。

伝えても信じない人もいますから、あの人は聞き耳を持たないから言いたくありません…というようなことを言っても、「大丈夫です。必ず分かりますから、言ってあげてください。」というような会話も何度かありました。

 

私にも人間心があり、正直、どこまで話してよいのやら?こんなことを言うと頭がおかしくなったと思われやしないか?危ない奴と敬遠されないだろうか?といった葛藤はすごくあります。

今は当時に比べたら大分なくなりましたが、それでも全くないわけではありません。えー

 

このような自分を守ろうとする意識、自分可愛さは随分守護してくださっている方々からもご指摘されましたし、今現在も「時間がない、急ぎなさい」「後悔しないように!」という促しがきています。

 

さて、長くなってしまいますので、続きはまた明日にでも書かせていただきます。メモ

(明日書く時間がなかったらすいません!)

 

 

 

全国の有名書店、Amazon等をオンラインショップで購入できます!