久しぶりに蓮爾の極太麺。
相変わらずの佇まい…雰囲気。
殺伐とした中に麺を啜る音が響く。
(体感推定麺量  350g)

{764698D3-8C48-4E25-8D0B-5AC60EF3904A}

小ラーメン  ➕ たま  ➕ うずら
ヤサイちょいマシ➕ニンニク ➕ アブラ

{840A417E-0D2D-48C3-82AD-B430E6E008AF}

{9EF07BE9-43A8-4814-800E-357E4DE8A2D7}

{D867674D-A3D1-4CB5-844E-E0336FBE1B99}

何とも大人しく美しい表情だが…

{F1EAC77A-8C43-42C0-BCFD-8CDC480790D5}

メガトン級のパンチあるスープに侵される。

{9A4CFDFC-FC85-4E51-8DF5-6928C57D138B}

ゴワ、バキッ、啜れない…w

{9BB4F3A8-58C9-4245-BC03-7776CC3A446D}


ヤサイはまるで処女を彷彿。

{C38B1378-C7ED-4096-8651-8F0EA4F8F855}

この塊はステーキ然。

{6B8185F4-41AD-41BC-8E36-9435A6EBEBF2}

スープが後を引く…。
フィニッシュまで14分…。
この後、堪らずグビグビ2口…w
コクがあり何とも言えない奥行感。
スープに侵されたたまねぎも美味い。
況してやうずら。

千住デロ麺とは対極にある麺…
ご馳走さまでした。

{B0657137-E02E-430D-AE80-3DD1866C109A}