10/4に、待ちに待った映画が公開される。

国際ピアノコンクールを舞台にした原作。


本屋大賞と、直木賞、ダブル受賞された
恩田陸作『蜜蜂と遠雷』


ピアノコンクールを目指す
4人のドラマティックな人生と
それぞれの才能、葛藤、成長を
見せてくれながら

まるで、コンクールで演奏を聴いているような錯覚を覚えるような文字の描写。

読んでいるうちに応援したり、ハラハラドキドキしたりしてしまう。

そして、読み進めるうちに

4人それぞれの個性あふれる音が、

音色が聴こえてくるから不思議だ。

それほど凄い本が、映画化されるなんて、

しかも、
風間塵役を、ピアニストの藤田真央さんが
演奏している。

なんて、楽しい映像なんだろう。

自然と笑顔になってくる。



名曲の有名なフレーズがたくさん散りばめられ
ていて、


まるで
出来立ての美味しいお料理を
つまみ食いしているような感覚に陥りそうだ。

役者さんの
風間塵役は、鈴鹿央士さん
                 下矢印



是非
皆さんもご覧になってください。