森田剛が3年ぶり舞台主演

テーマ:

 人気グループ・V6の森田剛(28)が、劇団☆新感線

の08年新春公演「いのうえ歌舞伎☆號(ごう) IZO」

で、舞台では約3年ぶりに主演を務めることが13日、分か

った。森田の舞台出演は05年に同劇団の主宰・いのうえひ

でのりさん(47)が演出を手掛けた初主演作

「荒神~AraJinn~」以来。今作は、いのうえさん

からのラブコールを受けた再タッグで、幕末の世に「人斬り

以蔵」として恐れられた土佐の郷士・岡田以蔵をワイルドに

演じる。



 歌やバラエティー、ドラマなどで活躍する森田が、日本

でトップクラスの集客力を誇る劇団との再コンビで、約3年

ぶりの舞台に挑む。



 劇団☆新感線の人気シリーズ「いのうえ歌舞伎」は、

歴史ものを題材にアクションと歌舞伎を合体させた活劇。

05年の「吉原御免状」(堤真一主演)、今年1月の

「朧の森に棲む鬼」(市川染五郎主演)に続き、今回

の「IZO」でも、より人間ドラマが重視される。



 森田が演じるのは、土佐の足軽ながら剣術の使い手で

、幕末に数々の要人を暗殺し、その名をはせた、岡田以

蔵。「人斬り以蔵」として世を震撼(しんかん)させた男

を、人間味あふれるキャラクターとして描き出す。



 2年前の「荒神」に続き今作も演出を務めるいのうえ

さんは、森田について「躍動感にあふれた元気のいい役

柄を演じてもらって、芝居のキレや運動能力にたけている

ことがよくわかった」と絶賛。起用に関しては「彼の持つ

70年代の青春スターのようないい意味での不良性の色

気に魅力を感じる。もう一度、森田君とお芝居をやってみ

たいと願っていて、『岡田以蔵』というイメージが浮かび

、彼にはぴったりだと思った」と話した。



 森田も熱烈なラブコールに応え「再び、新感線の皆さん

とご一緒できることにワクワクしています。初主演の『荒神』

を超えるパワフルな作品にできたらと思っています」と意欲

を燃やしている。



 共演には舞台初出演となる戸田恵梨香(18)に田辺

誠一(38)、西岡徳馬(60)ら。

1月に東京・青山劇場、2月に大阪・シアターBRAVA!で。


http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070714-OHT1T00028.htm