女王の教室第十回 | 私でもいいですか?
2005-09-11 14:43:42

女王の教室第十回

テーマ:2005夏以前のドラマ
野球のために、三十分遅れのスタートです。

提供、会社名こそ言いませんでしたが、コールしましたね。しかも、先週の明治製菓に加えて、コカコーラも出てました。まだ、名前を出さない企業はどういうつもりなんでしょうか?
放送はもう後一回限りですよ。他の企業は最後まで、出さないつもり?
女王の教室

クラスをひとつにまとめた和美ちゃん。もう怖いものはない?何にでも立ち向かう勇気が出来たのかな?犬にひるむ事なく立ち向かう和美ちゃんは頼もしすぎる。

クラスのみんなはこれまで、テストの成績で決められていた掃除当番などを、自主的にみんなで行うと真矢に言う。
「これからはクラスの事は、自分たちで決めますから。」
こんなに出来たクラスってないかも、全部先生に言われて、決めていく事だし。
真矢が真矢だけに、そこまで進んだって事かな?

これに対して真矢は
「もう止めましょう、テストなんて。」
さらに
「ようするに、あなた達は勉強したくないだけなのよ。」
確かに、そんな気持ちはあるよね。(笑

真矢から痛烈な一言が・・・
「あなた達は何のために勉強しているの?」

真矢は安易な子供たちの将来への展望をこれでもかと打ち砕いていく。現実を見せる。
しかし、和美ちゃんは
「私は、別に良い会社に入るだけが幸せじゃないと思います。」

うーん、大人です。悟ってます。


夢を持つ子供たちに、痛烈に夢を打ち砕いていく。

そして真矢から
「覚えてますか?一番最初の授業で、この世で幸せになれるのはたったの六パーセントだけだって。この二十四人の中で、幸せになれるのは一人か二人しかいないって言った事。全部、撤回するわ。この教室で、将来幸せになれる人は一人もいないわね。」
そして、テストを今後しないと言って、テスト用紙を放り投げる真矢。
再び、真矢からの挑戦状だ。どうする和美ちゃん。

一方真矢にも教育委員会からの圧力がかかる。
それにしても、あれほど詳細な事実を把握してるのは驚き。誰がHPに書き込みしたのかな?気になる。

でも、そんなことでは屈しない真矢。

しおりからあらたな事実が判明。
真矢はかつてしおりの父が校長をしていた学校にいた事。生徒の事を思う良い先生。再教育センターへ行くきっかけになった事件も真矢は悪くない事など。

真矢の隠された秘密って何だろう?

真矢の厳しい指導は続く。
時間の厳守、好き嫌いを無くす、無用なものは学校へ持ち込まない。何だか当たり前の事だけど、考えて見ると、意外と守られていないのかも。
確かに私も、好き嫌いが激しくて、給食の時、最後まで残って食べてた記憶が有る。

和美ちゃんは真矢に言う・・・
「私思うんです。先生が意地悪するのはわざと私たちを怒らしたり、考えさせたりして、自分たちで問題を解決させようとしているんじゃないかなーと』

ちょっとした間が気になる。図星?相手にせず、立ち去る真矢。的に確実に当たってるよね。

真矢の攻勢にクラスが動揺する。
そんな時ひかるちゃんが
「ねえ、みんな、真矢と本気で戦うなら、まず自分たちがしっかりしなきゃいけないんだよ、きっと。約束しない、真矢にもう弱み見せるような事はしない。」
この提案に怯むクラス。
そこへ由介の提案。
「なあ、みんな、これからさ真矢に負けないように、一日一回必ず、笑わないか。」

うん、確かに笑う事で、嫌な事も苦しい事も忘れられる。実行したいね。(笑

さらに由介は挨拶を「アロハ」にしようと提案。これには「ハロー」と「グッバイ』の意味が含まれているらしい、さらに意味深な言葉が「I Love You」の意味もあるって和美ちゃん見て言っているよ。もうばればれだよう。(笑

笑顔作戦、成功?

クラスをひとつにまとめた和美ちゃん。そこへ教育委員会の女性が過去の真矢の指導方法を事細かく聴き出す、と言うかあばいくて行く・・・
必死にかばう和美ちゃん。聴く耳持たない教育委員会の女性。

こういう真矢の指導を知らなかった親はびっくり。

この教育委員会の女性、クラスみんなの所で、同じ事をしてるんだろうね。

子供たちにとっては、すでに過去のものになりつつある事を、再び蒸し返す。
親たちにとっては大問題。そんな扱いを受けていたと知ると。

真矢は良い先生なのか?そんな疑問を教育委員会の女性が授業を視察する、その時に確かめようとする。

ひかるちゃんが質問する・・・
「先生、あたしたち先生に質問が有ります。どうして勉強するんですか?私たち。この前先生は言いましたよね。いくら勉強して、良い大学へ良い会に社に入ったって、そんなのなんの意味もないって。じゃあ、どうして勉強しなくきゃいけないんですか?」
真矢は言う
「いい加減目覚めなさい!まだ、そんなこともわからないの。勉強はしなきゃいけないものじゃ有りません。したいと思うものです。これからあなた達は知らないものや理解出来ないものにたくさん出会います。美しいなとか、楽しいなとか、不思議だなと思うものにもたくさん出会います。その時、もっともっとそのことを知りたい、勉強したいと自然に思うから人間なんです。好奇心や探求心のない人間は人間じゃ有りません。猿以下です。自分たちの生きているこの世界の事を知ろうとしなくて、何が出来ると言うんですか。いくら勉強したって、生きている限り、わからない事はいっぱい有ります。世の中には、何でも知ったような顔をした大人がいっぱいいますが、あんなもの嘘っぱちです。良い大学に入ろうが、良い会社に入ろうが、いくつになっても勉強をしようと思えばいくらでも出来るんです。好奇心を失った瞬間、人間は死んだも同然です。勉強は受験のためにするのでは有りません。立派な大人になるためにするんです。」
「イメージ出来る?私があなた達にした以上にひどい事は世の中にいくらでも有るの。人間が生きている限り、いじめは永遠に存在するの。なぜなら、人間は弱いものをいじめるのに喜びを見いだす動物だからです。悪いものや強いものに立ち向かう人間なんて、ドラマや漫画の中だけの話であって、現実にはほとんどいないの。大事なのは将来自分たちがそういういじめにあった時に、耐える力や解決する方法を身に付ける事なんです。この中にはもうその方法を知っている人がいるかもしれないわね。もしかしたら。」
和美ちゃんは答える・・・
「どんな時も味方でいてくれる友達を見つける事ですか?」
「そういう考え方も有るわね。」

そして、由介から再教育センターへ行った理由を聞かれる真矢。
「ほんとうよ。その子が私にこう言ったからよ。なぜ、人を殺しちゃいけないんだって。」

「他人の痛みを知れと。みんな自分と同じ生身の人間なんだと。どんな人にもあなたの知らない素晴らしい人生が有るんだと。一人一人の人間が持つ家族や愛や夢や希望や思い出や友情を奪う権利は誰にも有りません・・・・」

「幸せって、人によって違うんじゃないんですか。みんな違う人間なんだし、ここにいる二十四人は二十四通りの幸せが有るんじゃないんですか?・・・・幸せって、決めるのは他人じゃなくて自分じゃないんですか?わたし、ここにいる二十四人はみんな幸せになれると思います。」
「ずーと、その気持ちを持ち続けられればいいわね。」

真矢に対して、揺れ動く気持ちの中で、和美ちゃんはは真矢にもっと教えて欲しいと願う。それはみんなも同じだった。

しかし、それとは逆に、教育委員会の判断は厳しいものだった。

そして真矢はクラスの中で、ばたりと倒れてしまう・・・・

今回は真矢の独壇場でしたね。言っている事は正論だし。少々きついけど。それが小学六年生に言うことかって考えると、少々疑問が残ります。

子供のころ、大人になったら、勉強しなくて良いなぁって、思っていたけど、それが間違いだって気付くのに時間はかからない。そして、なぜ、あの時、もっと勉強しなかったのかと後悔する。自分の娘を見ていて、女だから良いかなぁって、時々思うけど、近頃常識のない大人が多すぎると思うし、そんな大人にはなってもらいたくない。だから、大切な事を学んで欲しい。成績より、大事なものが有るはず。

和美ちゃんはすでに人生を達観しているって感じ。恐ろしい小学六年生。(笑

いよいよ、ラストです。真矢はどうなるのでしょうか?

人気ブログ

naomi-0604さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス