卒園から1ヶ月。


 

長かった春休みに終止符を打ち

小学校の入学式が終わりました。


{6EADEBB8-E685-45DE-9509-D8C44E2D1877}

{B822CED7-6D3D-442B-BFDA-AF7AE73DEFDB}


 

新生活が始まった我が家です。

 

 

彼が行くことになった学校は

カトリックの小さな学校。

各学年1クラスで1年生は24人🐥

全校生徒合わせても200人に満たない。

 

 

私がここに息子を入れると決めたのは

ここの教育方針に強く共感したから。

 

 

自分は大切にされている。

自分は愛されている。

自分は認められている。

私には存在価値があり

私にしかできない何かがあり

できなかったことが一つずつできるようになって

自信をつけながら成長していく。

 

 

先生はそれをサポートしてくれる存在だと。

 

 

先生だけではなく

親も一緒になって

子どもたちの成長をサポートしていきましょうと。

 

 

この話は

学校を見学に行ったあの日も

第一回新入生召集日のあの日にも

第二回新入生召集日のあの日にも

そして入学式の日も

校長先生から

そして担任の先生からも

同じお話がありました。

 

{CCE9CB63-EFFA-4F38-A2BF-E65A673A2ECA}


それだけ強い信念として

このことを大切に掲げているんだなぁと

強く共感しましたわ。

 

 


ん?

ん?

ん?

 

これってマインドフルネス的な?笑

 

これを小学校でマスターできたら

人生どんなに楽か!😂👍



 

子どもが成長していく上で

幼少期いかに愛を愛として受け取るか

愛に満たされて生活できるか

 

 

生涯のその人の思考パターンを決める大事な時期なんじゃないだろうか?

 

 

 

カトリックに限らずきっと全ての宗教教育が

これを伝えているんだわ。

 


これに気がついてからというもの

聖書の言葉が今更響く響く。笑

 

{D26BDA57-15A0-47B3-9F30-3C059C81692D}


 

私も小学校はカトリックの小さな学校でした。

6年生に手を引かれて歩いていくまだ小さな息子を見て

自分が小学校に入学した頃を思い出した。

 


不安と期待で胸がいっぱいだったあの日。

先生たちの愛に恵まれて

たくさん賛美歌を歌った小学校6年間は

色んなことがあったけど

でも私はとても満たされていた。

 

 

まだまだ先生がお友達の新一年生。

 

{23D1DAB8-5238-4880-8335-836706D3529C}


 

私の原点だったあの学校に

雰囲気もとても似ている息子の小学校。

 

 

ここに入ったことに

今更とても強い引き寄せを感じています。

きっと何か大きな意味があるんだろうね。

 



 

そして今日は今年度初の御ミサでした。

 

 

ミサでは聖歌をたくさん歌い

お祈りをして神様を賛美する

そして私たちは愛されているんだという認識を持って

学校生活を楽しむ

そんな雰囲気がとても伝わり

私もとても幸せな時間を過ごすことができました。ラブ

 

 

月に1回あるミサ。

私自身を満たすための大切な時間になりそう。


 

これはカトリックだからとか

宗教の信仰心があるからとか

そういうことではなくて

自分を認めて他人を認めて受け入れる

私の心のトレーニングに繋がると思ったから。

 

 

こんなに幸せな時間をくれた息子に感謝。

 

 

私を同じような小学校に入れてくれた両親に感謝。

 

 

小学校で出逢った全ての先生や友達に感謝。

 

 

息子もきっと幸せな楽しい学校ライフになることでしょう。

ここに入学することはきっと彼にとっての運命だったのね。

 

 

楽しい毎日になりますように。


{ABB10228-90B3-4346-8078-0F1E6837CE57}

{2423CB6E-3CD2-411C-B25F-11B319EC8B90}

{B1336D06-8B21-40B2-88C2-F8B97809F787}