今日のテレビで小学生の女児が水上遊具の下で溺死して居た痛ましい事故が放送されましたが、私も自分の子供が小さな頃はプールや海にも良く連れて行きました。
その時に子供が水上遊具の下に潜り込んでるのを目撃して居ました。
あの事故はライフジャケットを着ていたせいで浮力で浮くために遊具に挟まれてしまったせいだった筈です。
今後の課題としてですが水上遊具は透明で製造すべきだと思って居ます。
(監視員を増員した所で改善はありません。)
日本国の1流企業は四季報を読むと誰でも判りますが、採用条件は大卒、大学院卒です。
高卒で入社出来たのは、かなり以前の過去の話です。
学校の勉強をしっかりして学業成績優秀で卒業しなければ1流企業では採用はされません。
自分の将来を見据えて学校の勉強を頑張って下さい。



ネットストーカー犯人とは、この様に名誉毀損罪を平気でして来ます。
コメントを読めばネットストーカーが如何に頭が悪く精神疾患があるか誰もが判りますよね。
私は日本国は1970年以降は大卒が主流だと何度もネット投稿をしていますし1流企業に就活をした経験のある人なら会社四季を誰もが読んでいます。
この様なデマ
だけの嘘つきの言う事を信用すると世間で恥をかきます。
学校も同じで小学生や中学生は犯罪をすると学校での内申に響きますし高校生は停学や
退学処分になります。
大学生は当然就活に響き、社会人は社会的制裁を受けます。
私も、私にコメントをして来ているネットストーカーの文章を読んで世の中には、これ程頭が可笑しな人な精神疾患患者が居る事を知りました。(あちこちに私の事でクレームを居れてる←デマなので威力業務妨害犯罪です)
こうした事をしている人がネットストーカー犯罪者です。
この様なデマだけをかいて自己満足してる頭が可笑しな人に振り回されず学校でしっかり勉強をして優等生で学校を卒業できる様に心掛けて下さい。
学校の先生方が本当に大変だと私には良く判ります。
ネットストーカー犯人とは、この様に

精神が異常ですからね。


↑これがネットストーカーに私がコメントを返した文章です。
こうしたデマを延々とコメントして来るのが学校でもあるネットストーカー虐めです。
文章には中華人民共和国国家主席とまで投稿しています。
中華人民共和国では現在の国家主席は習近平国家主席ですから中華人民共和国国家主席と書かれると習近平国家主席の側近だと誰もが受け取ります。
(デマでも真実でも、こうした事を言った側近?は中国共産党党員資格剥奪です。)
こうしたデマを延々と投稿するネット犯罪者は頭が悪く頭が可笑しい人なのでネットに嫌がらせやデマを書き込みされても気にせずデマに振り回されない事です。
日本は中卒や高校を中退して専門学校に行き卒業すると専門卒高卒扱いに見なされるんです。
デマや嫌がらせをネット投稿されたら必ずスクリーンショットで証拠を残し学校の先生に見せて下さいね。

ネット虐めをしてる犯人は大抵粘着質なのが特徴で、この様に弱いから偽名を使い何度もしつこくデマを私の様なターゲットにコメントをしては嫌がらせをして来るんですよ。
こんな犯罪者に負けてはいけませんよ。
ネット犯罪者は現実では大人しくて弱いのが大半です。

↑これは私がネット犯罪者にコメントを返した返信です。全国の教育委員会にネット犯罪者のコメントを読んで頂きたいですわ。
これはネット苛め犯罪の典型的なやり方です。
ネットにデマを投稿して来る人は後先考える知能がないんです。
頭が悪いから誤字が異常に多く自分が出鱈目を書いて後で恥を晒す結果になる事さえ理解できないんですよ。


ネット虐めで必ずあるのがネットに悪口や有りもしない事を本人や本人の知人がネットで見る所に書き込む事です。(もっと高度な事もする)
本人や知人が見るネットにデマや嫌がらせの誹謗中傷を書き込む嫌がらせは10年以上前からありました。
その誹謗中傷の書き込みを学校の先生に見せようとしても、書き込みした誹謗中傷をネット投稿した相手は削除やたぬきメールを使うので以前は証拠が残せませんでしたが、今はスクリーンショットがあるのでスクリーンショットを使うと誹謗中傷を書き込まれた証拠を保存すると証拠が残せるので、学校の先生にデマや嫌がらせの誹謗中傷をネットに書かれた時に見せる事が出来る様になっています。
学校は証拠が無いと先生は生徒を指導出来ませんし、自分の事にデマやでっち上げの誹謗中傷を書かれたらスクリーンショットで保存しておくと証拠を残せます。
スクリーンショットは日時も記憶するので証拠を残す時に便利です。
こんな風に証拠は簡単に残せます↓