妻の気持ちに「わかったつもり」になっていませんか? | 夫婦問題・不倫問題改善カウンセリング~明日へ架ける橋

夫婦問題・不倫問題改善カウンセリング~明日へ架ける橋

不倫に陥る心理とは?なぜ人は不倫をするのだろうか?どうしたら不倫を止めることができるのだろうか?
相談実績3,000件以上のカウンセラーNAOKO(松宮直子)が心理的側面から徹底的に分析し、その対処法についてを発信していきます!

過去に人気があった記事を再アップしました。


 

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですニコニコ

 

先日、対面カウンセリングに来られた方クローバー

 

最近、千葉の方が続けて3人ほどいらっしゃって、遠いのに来て下さり感謝ですね。

 

3回目のカウンセリングでしたが、会うたびに魅力的な女性になっていき、ドキドキするほどでしたラブ

 

最初にお会いしたときとエネルギー的にもガラリと変わっていて、とても軽くなっていました。

 

それだけではなく、自分のことを更に大切にできるようになっていました。

 

私はその変化が嬉しくてたまらないのです。

 

だからこの仕事を続けることができるのだとも思います^^

 

 

ご主人も少しずつ変化されていったのですが、それもこれも、妻が伝える努力を諦めなかったからなのでしょう。

 

諦めかけたり、もう言わない!笑顔を作ってやる!と思うほど追い詰められたようですが、

 

夫に最大の変化がやってきましたガーベラ

 

本当の意味での妻の苦しみを理解し(全部ではないかもしれませんが)、

 

今まで自分が言ってたことは間違いだったことも認められました。

 

何度か妻に対してNGワードを言っていたのですが、そのときは

 

反省したつもり

 

謝罪したつもり

 

「これ以上、どうしろっていうんだ・・」という気持ちだったのだと思います。

 

(※関連記事・・妻に対して「NG」な謝罪

 

 

ご本人(夫)が

 

それはただの「つもりだった」

 

ということに気づけたことは、とても大きなことです。

 

どれだけ妻の気持ちが救われるのでしょうか

 

妻も心を深く痛め、傷つけながらも、自分と夫と向き合い続け・・

 

夫も、どうしたらもっと妻に寄り添えることができるのか?を自分に問い続けてきた結果だと思います。

 

お互いに何度も

 

「もうダメかも」

 

と思ったことかもしれません。

 

それでも、心の奥底ではまだ「夫婦でいること」を選択していたのでしょう。

 

どんなに怒りが出ても、どんなに汚らわしいと思っていても、心の底で感じていることは「正直」なのです。

 

最後まで、その心の底で感じていることを手放さなかった。

 

ここに行き着くまでは並大抵のことではないのです。

 

気持ちをわかって欲しくても、冷たくされたら心折れますから。

 

もうその話は勘弁してくれ・・とか言われたら、何も言えなくなりますから。

 

それだったら、もう言わない、自分が我慢すればいいんだ・・という気持ちに襲われても無理もありませんよね。

 

冷たくされると心の傷はどんどん開きますし、自分が我慢をするほうがラクかも・・とすら思いますからね。

 

でもね、ようやく自分の心を大事にできるようになってきたところで、逆戻りをするのはあまり良いことではありません。

 

夫婦の問題は、不倫をする方が100%悪いのですが、バランスが崩れてしまっているから

 

「問題」として浮上してくることもあります。

 

 

今まで妻が

 

「我慢をしてニコニコしていたから成り立っていた関係」

 

であったとしても、そのバランスが大きく崩れてきたときには、

 

「バランスを整えた方がいいよ~!」

 

ということで、「問題」が起こることがあります。

 

それは自分が引き起こした問題ではなくても・・です。

 

相手の問題であったとしても、その問題を通して、妻自身も「バランスを整えることを」求められることがあるのです。

 

妻も夫もある程度の力がないと、ここまでたどり着くことは難しかったでしょう。

 

 

不倫をした側は、どうしたって不倫をされた側の気持ちはわかりません。

 

わからなくても、想像することはできるはずなんです。

 

妻の心の叫びを聞き、自分に置き換えて想像することが大事です。

 

妻がどんな気持ちになったのか

 

なぜ妻の心は癒えていないのか

 

何度も何度も妻の気持ちを聴いて、想像をして、自分の身に置き換えることです。

 

そのときに、妻からの攻撃や問いに対して、「自己防衛」が入り過ぎると難しくなります。

 

聴きたくない、怖い、もう嫌だ、早く終わらせてくれ・・

 

なんて思っていると、妻の心の叫びまでは想像できないでしょう。

 

どうしたら自己防衛が入り過ぎないか・・という環境を作って(少しだけ物理的に離れるなど)、


「想像する時間を作る」ことが大事です。

 

 

妻の心が本当の意味で癒されるときは、

 

夫が本当の意味で妻の心の苦しみを理解できたとき

 

しかないのではないでしょうか。

 

それが理解できたとき、NGワードを出すことがいかに「妻を傷つける行為が」がわかることでしょう。

 

 

人の心は無限です。

 

いつからでも、生き直すことも、成長することもできます。

 

「今、この瞬間」

 

という時間が存在する限りは、いくらでも可能性は秘めているのです。

 

「今、この瞬間」がある限りは、過去で起きたことも、未来で起こるであろうこともいくらでも変えていけるのです。

 

事実は変えられなくても、捉え方、解釈は変えることは可能です。

 

人は、「今、この瞬間にしか存在しない」のですから。

 

(心の傷は、過去を振り返り、感情を出し続けることで、感じ方、心の在り方は変えていくことはできます。)

 

もし、「今の感情を通して」先の未来に不安を抱いてしまったときは、少しだけシャットアウトしましょう。

 

先のことはどうなるかわかりません。

 

今、この瞬間の積み重ねでしか未来は作られません。

 

そして、感情は「変化」を伴います。

 

妻はどうかこれ以上の苦しみを抱え過ぎないようにして下さいね。

 


 ピンク薔薇カウンセリングと、講座のお申し込はこちらへピンク薔薇


カウンセリングと講座のお申し込みはこちらへ 



ピンク薔薇カウンセラーになりたい方ピンク薔薇


不倫・夫婦問題カウンセラーになるためのカウンセリング講座 



ピンク薔薇読みながらカウンセリングピンク薔薇

クローバー新・夫の不倫で傷ついた妻の心を回復させるサポートブック(夫の不倫が終わっている方向け)

クローバー夫の不倫問題を対処するためのサポートブック(夫の不倫が渦中の方向け)

自力で解決できるヒントがたくさん詰まっています。累計部数1600冊以上になりましたセキセイインコ青