逆ギレせずにしれっと水面下に突入してしまう人の心理 | 夫婦問題・不倫問題改善カウンセリング~明日へ架ける橋

夫婦問題・不倫問題改善カウンセリング~明日へ架ける橋

不倫に陥る心理とは?なぜ人は不倫をするのだろうか?どうしたら不倫を止めることができるのだろうか?
相談実績3,000件以上のカウンセラーNAOKO(松宮直子)が心理的側面から徹底的に分析し、その対処法についてを発信していきます!


テーマ:

 

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり

 

こんな記事を書いて欲しい!というメッセージを頂きましたので、また書かせていただきますね。

 

今日は、メッセージを送って下さった方の「質問」をそのまま載せてみました。

 

”逆ギレせずにしれっと水面下に突入してしまう人の心理”

 

夫の不倫がバレて夫に問いただすと、

 

「もう別れたから安心して欲しい」「俺が全て悪かったんだ」と口にする。

 

特に、逆切れすることはなく、不倫をした事実を認め謝る。

 

「信じて欲しい」

 

と言いながら、妻が信じられるような行動を取るわけでもなく、しれっと水面下で不倫を続ける。

 

このような方もいますね。

 

この場合、

 

「不倫相手と家庭とを同等にしか考えていないのでしょうか?」

 

「家族をバカにしているのでしょうか?」

 

という疑問を持ちますよね。

 

でも、本当に「ふざけるな!」「バカにするな!」という話です。

 

このような方に共通をしている心理としては、

 

”不倫に対する罪の意識はあまり感じていない”

 

もしかしたら、少し慣れている場合もあります。

 

会社等や周りの方で不倫をしている方も多く、不倫をすることのハードルが低いのかもしれません。

 

特に、経営者や大企業にお勤めの方は、周りが不倫をしていることも多いため、不倫というハードルが低くなることがあります。(もちろん、みんながみんなではありませんよ)

 

ただ、不倫相手と家族とを同等に考えているかというと、それはほぼありません。

 

家族は絶対に失いたくないもの。

 

自分が戻る場所。

 

ということだけは、認識しているんですよね。

 

次元が違うことだけは、わかっている。

 

しかし、家族を壊さないようにしながら、不倫相手と遊ぶ。

 

これは、ずるいとしか言いようがありませんね。

 

そして、バレなければ「何かを大きく変える」という発想もありません。

 

「もう別れた」という嘘も信じてもらっていると思っている。

 

なんて甘いのでしょう・・。

 

つまり、妻や子供に甘えきっているんですね。自分にも甘すぎですが・・。

 

この場合は、「このままでは本当に家族を失ってしまうかもしれない」という危機感を持たないと、ずるずると不倫が長引いてしまう場合もあります。

 

ただ、家族に対する罪の意識が多くうつ病っぽくなってしまうと、危機感を持たせるだけ家族から距離を取ろうとしてしまうこともあります。

 

本当にケースバイケースです。

 

 

一方で、不倫をしていることを家族にバレているにも関わらず、申し訳なさそうにしながらも不倫を続けている人の場合。

 

この場合も、完全に家族に甘えきっています。自分にも。

 

申し訳ない気持ちを抱えながらも、承認欲求が満たされるという「刺激」が手放せない。

 

これを手放してしまったら、自分の価値がわからなくなる。

 

誰にも必要とされない自分に戻ってしまう。

 

そんな恐怖を抱えています。

 

人は一度手に入れてしまった刺激を手放すことは容易ではありません。

 

それを失ってしまったら、どう生きていったらいいのかわからない。

 

それを手に入れる前の自分はどう生きていたのかもわからない。

 

そんな強迫観念にとり憑かれるからです。

 

だからといって、不倫相手の人生も未来もほぼ考えていません。

 

とりあえず、”今自分が得たい欲求”だけしか見えていません。

 

多くは、

 

”必要とされている自分”

 

”現実世界にはない刺激”

 

それらの欲求が手放せない。

 

手放してしまったときの自分と向き合うのが怖い。

 

とにかく、現実逃避をし続けている状態ですね。

 

これじゃあ、人としての成長も何もかもがストップしたままですよね。

 

時間も無駄に使い、死に金を使い、心の成長もストップし、周りからの信頼も信用も失う。

 

本来、求めていたはずの欲求だって、一時的には得られるものの持続はしない。

 

だって、その求めている欲求は”自分の力で満たしていくもの”だから

 

人に依存をし、人に与えられることだけを求めていたら、いつまで経っても満たされることはありませんからね。

 

つまり、不倫からは得られるものがないばかりか、失うものばかりということです。

 

苦しみや葛藤を抱えながらも、必死で自分と相手と向き合おうとしている妻とは全然違いますよね。

 

こんな苦しみは人生には必要はないかもしれませんが、そんな味わいたくもない苦しみも、妻にとってはいつしか成長となるのです。

 

不倫をしている人は、全ての成長がストップし、時間も信頼も垂れ流し。

 

自分が歩いてきた道(軌跡)を振り返ったとき、ちゃんとした”道”はできていますか?

 

紆余曲折しながらも、その道は誇れる道になっているのでしょうか?

 

その道は、自分だけが見るのではなく、周りの方や自分の子どもにまで見られています。

 

ちゃんと整備された道だったら、子どもも通りたくなるでしょう。

 

でも、整備もされていないすさんだ道だったら・・・・

 

誰にも見せられない暗黒のすさんだ道だけにはしたくないですね。

 

flower*flower*flower*flower*flower*flower*flower*flower*flower*flower*

 

花カウンセラーNAOKOの呟き花

 

唐突ですが、私は以前から”何かに守られている”と感じることが多かったんですね。

 

12年前に離婚をしたときは、それはそれはもう貧乏生活まっしぐらでしたが、節約しながらも食べていくことはできました。

 

娘にも生活面では苦労させたことはありません。

 

お金がなくて貧乏でも楽しかったし、ピンチ!というときは誰かしら助けてくれていました。

 

もちろん、変な事件に巻き込まれたりして、死にたいぐらいの気持ちになったことはあったけどね。

 

それでも、周りが助けてくれて、ちゃんと生かしてもらっていることに感謝の日々です。

 

元々、神棚は持っていなかったのですが、無性にちゃんと手を合わせる場所が欲しくなり(感謝の気持ちを伝える場所)、簡易神棚を設置しました。

 

最低限のお供えもしています。

 

ちゃんと手を合わせて、感謝ができる場所があるって幸せなことだな・・と思いました。

 

神聖な場所が家にあるだけで落ち着く・・というか。

 

お正月は寝込んでいたので初詣にも行けず、今週末は昨年お世話になった神社へお礼のお参りに行こうと思っています。

 

とっても遅くなってしまったけれど、ようやくお礼に伺うことができます汗1

 

神社に行くと更にエネルギーをいただけるような気がしますね。

 

来年は、伊勢神宮に参拝に行こうと思っていますにっこり

(お初になります)

 

flower*flower*flower*flower*flower*flower*flower*flower*flower*flower*

 

花「note限定記事」

 

いつも読んでいただいている方々、ありがとうございますにっこり

 

こちらは、一部有料記事となっています。

 

こちらフラッシュバックを軽減するセラピー(目にしたくないもの、聴きたくない音、通りたくない場所を軽減します)”note7部作”

 

こちら謝罪をせずに、何事もなかったように家族に戻る夫の心理

”note6部作”

 

こちら不倫問題に対処するには、「NO!と言える日本人になれるか」がカギ”note5部作”

 

こちら再構築中に妻が「離婚したい」と繰り返す心の裏に隠された本音(夫向け)"4部作"

 

こちら「夫が不倫を止めない」という状況の中での乗り越え方"3部作"

 

こちら夫が拒絶反応を示して、不倫についての話し合いができないとき(心理分析と対処法)”2部作”

 

こちら夫の不倫で傷付いた妻の心への寄り添い方(夫向け)”1部作”

 

 

 

 

 

読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)

 

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります