孤独を強く感じるとき・・ | 夫婦問題・不倫問題改善カウンセリング~明日へ架ける橋

夫婦問題・不倫問題改善カウンセリング~明日へ架ける橋

不倫に陥る心理とは?なぜ人は不倫をするのだろうか?どうしたら不倫を止めることができるのだろうか?
相談実績3,000件以上のカウンセラーNAOKO(松宮直子)が心理的側面から徹底的に分析し、その対処法についてを発信していきます!


テーマ:

 

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり

 

雪がすごいですね・・雪だるま

 

私は八王子に住んでいるので、都会に比べて雪の量もすごいです。

 

なぜか雪が降ると、必ずテレビで報道される八王子汗

 

足元にはくれぐれも気を付けて下さいね。

 

flower*flower*flower*

 

前回の、note記事の「フラッシュバックを軽減させるセラピー」では大変反響があり、書いて良かったと思います。

 

サポート(応援)をして下さった方々、本当にありがとうございます。

 

お気持ちがとっても嬉しかったです。

 

更にカウンセリングに興味を持って下さった方もいらして・・泣き1

 

これからも少しずつ広めていけたらな・・と思います。

 

心が少しでも軽くなるのであれば、効果があることは何でも実践ですねにっこり

 

flower*flower*flower*flower*

 

心が大きく痛むことがあると、なんとかこの苦しみをわかってもらいたいと思い、周りの方に相談しますよね。

 

気持ちに寄り添ってもらえているときは心も軽くなります。

 

ただ、中にはその苦しみに寄り添うどころか、「軽視」するかのような発言をされる方もいます。

 

「浮気なんてよくあることだよ」

 

「いつまで悩んでいるの?長くない?」

 

「もっと明るい人だったのに、最近はなんかドロドロしているよね」

 

「旦那さんのことATMだと思えばいいじゃない」

 

私はご相談者さんに「こういうことを言われた」と聞く度に、ものすごく悲しくなります。

 

人の心の苦しみは、確かに本人にしかわかりません。

 

表現できない苦しみ・痛み・・・。

 

きっと言葉にすると軽くなってしまうほど。

 

ただ、できる限りその苦しみを想像をし、寄り添う努力をすることはできます。

 

私自身も、ご相談者さんが経験されてきた全てを経験しているわけではありません。

 

それでも、今まで経験してきた感情を総動員させて、その苦しみや痛みを想像します。

 

それしかできないかもしれませんが、極限まで寄り添いたいと思う気持ちは常にあります。

 

カウンセラーはご相談者さまと「同一化」させてはいけないのですが、ギリギリ極限まで同一化を図ります。

 

ご相談者さんが感じている表現できない「痛み」「苦しみ」も、とことん感じ取る努力をします。

 

ですから、ご相談者さんが上記のようなことを周りに言われると、本当に悲しいのです。

 

ここまで心が痛いのに、どんな気持ちで聞いていたのだろう?って。

 

想像すると、本当に心が痛くなります。

 

 

私も酷く心が傷つけられたときに孤独を感じたのは、「問題を軽視」されたときです。

 

「あなたにも非があったんじゃない?」

 

「大事にすることないんじゃない?」

 

「早く前を向きなよ」

 

もう、本当に心が孤独になりましたね。

 

しばらく人間不信になりましたから。

 

「私はこんなに傷ついているのに。身体に力が入らないぐらいショックを受けているのに。結局は、誰も私の気持ちなんてわからないんだ」って。

 

本気で思いました。

 

冷静に考えると、誰も本人の気持ちはわかるわけないのですが、それでも少しでもわかってもらいたいのです。

 

こんなに心が痛いんだよ!

 

こんなに心が傷ついているんだよ!

 

って。

 

誰にもわかってもらえないと感じたときが一番「消えたく」なりました。

 

確かに、世の中もっと大変な思いをしている人がいるかもしれないけれど、その人たちと比べないで欲しい。

 

その人たちに比べたら、たいしたことないと見えるのかもしれない。

 

でも、心は本当に痛いんだよ。これは紛れもない事実なんだよ。

 

1年ぐらいは人間不信になったことがありました。

 

 

だから、周りと比べて心を痛めている人を見ないで欲しいのです。

 

「〇〇さんのところより、マシよ」

 

「男なんてみんな浮気するわよ」

 

「いつまで同じこと言ってるの?」

 

もうね、この言葉は全てナイフですよ。グサグサと突き刺されるのです。

 

本当の意味で相手の苦しみはわからないかもしれない。

 

それでも、できる限りの想像はして欲しい。できる限り心の痛みに寄り添って欲しい。

 

そんな風に思います。

 

 

信じていた人に裏切られたら、誰だって心がドロドロになりますよ。

 

「今まで良い人だったのに・・・。今まで明るい人だったのに・・。なんか変わったよね。」と言う人もいます。

 

はぁ?って感じですよ。

 

良い人の部分しか受け入れていなかったのですか?

 

明るい人だからお付き合いしていたのですか?

 

と聞いてみたい。

 

明るい心、元気な心、ドロドロの心、憎しみの心、全てひっくりめて大事な友達のはずです。

 

こんな風に言われたら、全否定されたとしか思えないので、口が裂けても言って欲しくないですね。

 

私は、どんなことでも吐き出して下さるご相談者さんの心は「綺麗」にしか見えません。

 

偽ることなく、取り繕うことなく、どんなことでも表現して下さる方の心は「誰よりも綺麗」にしか見えないのです。

 

明るい心、ドロドロした心、どれもひっくるめての「自分」。

 

ドロドロした気持ちが出てきても嫌わないであげて下さい。

 

そうだ、「ドロちゃん」と名付けましょう。

 

ドロちゃんは出てきて当たり前。

 

ドロちゃんを受け入れて、認めてあげない限りは苦しみは続いてしまう。

 

ドロちゃんが消えないように願うのではなく、ドロちゃんをヨシヨシしてあげて下さいね。

 

できれば一瞬で消えて欲しい。とっても苦しいから。

 

でも、嫌えば嫌うほど、ドロちゃんはしがみつこうとがんばるからね。

 

 

色々な方のブログを読んでいる方も多いと思うんです。

 

苦しみの真っ只中にいる方。

 

苦しみから少し抜け出せた方。

 

それぞれ、感じ方、捉え方は変わっていきます。

 

苦しみから少し抜け出せた方は、ドロちゃんを必要としなくなったので、ドロちゃんの話よりも、シロちゃんの話が多いと思います。

 

例えば、「憎しみは手放した方が楽になるよ~」とかね。

 

それを読んで、憎しみを抱えている自分は嫌な人間だと思わないで下さい。

 

「どうしてこの人のように考えられないのだろう?」と思わないで下さい。

 

それぞれ、心のステージが違うので、無理やり合わせる必要はないのですよ。

 

憎しみやドロちゃんは、受け入れて、認めてあげていったら、自然と小さくなっていくものですから。

 

私の記事は、どちらかというと「苦しみの真っ只中」にいる方向けの記事です。

 

これ以上、大事な心を痛ませないようにして下さいね。

 

私にとっても大事な大事な守りたい心でもあるのですからにっこり

 

 

flower*flower*flower*flower*flower*flower*flower*flower*flower*flower*

 

花「note限定記事」

 

いつも読んでいただいている方々、ありがとうございますにっこり

 

こちらは、一部有料記事となっています。

 

こちらフラッシュバックを軽減するセラピー(目にしたくないもの、聴きたくない音、通りたくない場所を軽減します)”note7部作”

 

こちら謝罪をせずに、何事もなかったように家族に戻る夫の心理

”note6部作”

 

こちら不倫問題に対処するには、「NO!と言える日本人になれるか」がカギ”note5部作”

 

こちら再構築中に妻が「離婚したい」と繰り返す心の裏に隠された本音(夫向け)"4部作"

 

こちら「夫が不倫を止めない」という状況の中での乗り越え方"3部作"

 

こちら夫が拒絶反応を示して、不倫についての話し合いができないとき(心理分析と対処法)”2部作”

 

こちら夫の不倫で傷付いた妻の心への寄り添い方(夫向け)”1部作”

 

 

 

 

 

読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け)

 

 

 

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります