1 | 2 次ページ >> ▼ /
2016-05-27 11:20:42

2016/05/27 one man live vol.2 公開!

テーマ:ブログ
久しぶりの雨です。ちょっと風邪っぽいのか、微熱があってあまり調子がよくないです( ´△`)


さて前回ブログからスタートした〈one man live 2016〉、思いのほか好評でうれしい(^o^)


今回は早くも第2弾が完成。今日からYouTubeで公開しました!よかったらチェックしてみてくださいヽ(*´▽)ノ♪






↓ここをクリックすると全8曲通してノンストップで動画を再生することができます(^o^)


◆one man live 2016 -vol.2- 完全版(全8曲連続再生リスト)





↓以下タイトルは一曲ごとの通常再生です。再生したい曲のタイトルをクリックすると自動的にYouTube動画が観れます(^o^)


◆1.Faith -George Michael cover 1987- / Naoki Matsumoto






◆2.I Saw The Light (Bossa Nova Version) -Todd Rundgren cover 1972- / Naoki Matsumoto






◆3.Beautiful Boy -John Lennon cover 1980- / Naoki Matsumoto






◆4.Don't Know Why -Norah Jones 2002- / Naoki Matsumoto






◆5.While My Guitar Gently Weeps (Anthology Version) -The Beatles cover 1968- / Naoki Matsumoto






◆6.Crocodile Rock -Elton John cover 1972- / Naoki Matsumoto






◆7.If -Bread cover 1971- / Naoki Matsumoto






◆8.Across The Universe -The Beatles cover 1970- / Naoki Matsumoto






そして一昨日のラジオの僕のコーナーのゲストに岩崎彩ちゃんが来てくれました(´∇`)


彼女とは、というより彼女のご家族とはもう15年くらいのお付き合いで本当にいろいろな分野でお世話になってきました。


今回出演してくれた彩ちゃんは、声優のお勉強をされているということで、僕とももちゃんの強引な無茶ぶりでいろんなキャラ
になって喋ってもらいました。


いろんな声が出せるってすごく楽しいことですね。笑い転げてしまいました~(σ≧▽≦)σ


そして僕のギターで「未来予想図Ⅱ」を歌ってくれました。あらためてぐっとくる歌詞ですね。この模様はまた近いうちに動画でご紹介できると思います。お楽しみにー(^w^)


彩ちゃんありがとうございまし( ̄0 ̄)/









☆松本尚樹Websiteはこちら!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-05-24 12:07:49

2016/05/24 新企画〈one man live 2016〉スタート!

テーマ:ブログ
とうとう30℃を超え、早くも夏の陽射しですね。こんな調子で行ったらホントの夏は大変なことになるのかも?(* ̄ー ̄)


さてこの度、まったく新しい企画〈松本尚樹  one man live 2016〉をYouTube動画にアップしました!パンパカパ~ン!( ̄0 ̄)/


新しい企画と言ってもただ“僕が自宅で好きな曲を弾き語りしている”というだけの、ありそうでなかったとてもとてもシンプルな動画です(^o^)


撮り始めたきっかけは、4月中旬に出演したサムデイでのビートルズカヴァーライブで、あまりにも歌えてない自分に落ち込み、最近あまりしていなかった弾き語りの復習を始めたことでした。


考えてみたらこの3年くらいは自身のライブはほとんどしてないので当然と言えば当然なのですが…


最初はやはり声も出てないわ、コードも忘れちゃってるわでグチャグチャでしたが、だんだんやっていくうちに勘を取り戻してきて楽しくなってきたのでビデオに撮ってみようと思いました。


選曲は、20代の頃から現在までじわじわと増え続けてきた自分弾き語り用のレパートリー。


ライブでよく歌ってきた曲、レッスンで使った曲などもありますが、ほとんどが個人的に弾き語りを楽しむためにアレンジしてきた曲で、あまり知られていない洋楽ミュージシャンの曲や、アルバムの中の地味な一曲も少なくありません。


やはり始めてみて思ったのが、これが僕の一番好きなことだということ。そしてそれが今でも自分の原点だということです。この趣味がなかったら、教室も音楽活動もできなかったし、自分の人生も180度違っていたと思います。


今回は一回で全8曲にまとめてみましたが(ちょうどライブ1ステージ分くらい)、現在は早くもvol.2の編集作業中♪


できればこれからもこの〈one man live 2016〉シリーズを続けていけたらいいなぁと思っています。これからもよろしくお願いいたしますヽ(*´▽)ノ♪







↓ここをクリックすると8曲通してノンストップで動画を再生することができます(^o^)


◆one man live 2016 -vol.1- 完全版(全8曲連続再生リスト)





↓以下タイトルは一曲ごとの通常動画です。再生したい曲のタイトルをクリックすると自動的にYouTube動画が観れます(^o^)


◆1.You Are The Sunshine Of My Life -Stevie Wonder cover 1972- / Naoki Matsumoto





◆2.Strange Brew -Cream cover 1967- / Naoki Matsumoto





◆3.La La Means I Love You -Swing Out Sister cover 1994- / Naoki Matsumoto





◆4.Come Together -The Beatles cover 1969- / Naoki Matsumoto





◆5.Everytime You Go Away -Paul Young cover 1985- / Naoki Matsumoto





◆6.(Just Like) Starting Over -John Lennon cover 1980- / Naoki Matsumoto





◆7.My Ever Changing Moods -The Style Council cover 1984- / Naoki Matsumoto





◆8.I Do It For You -Bryan Adams cover 1991- / Naoki Matsumoto







☆松本尚樹Websiteはこちら!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-18 16:21:42

2016/05/18 シェケナベイベー!

テーマ:ブログ





こんにちは♪とってもいい天気ですねヽ(*´▽)ノ


先週久しぶりに行きつけの(飲み屋か!?)平塚のギター屋さんリアリーミュージックに行ってきました♪


行きつけの…というより、僕の教室では購入はもちろんのこと、アドバイスや修理など、なくてはならない大切な存在のお店です。


店主の松田さんとはもうかれこれ25年くらいの付き合いになります。


当時はまだお互い違う職業でしたが、のちに同じくらいのタイミングで、松田さんはギターショップ、僕は音楽教室の道を歩み、新たにお世話になることになりました。


そんなこともあり、音楽や楽器の知り合いというより、何でも話せる大切な友人という感じで長い間仲良くさせてもらっています。


やはりそれには、誰もが惹かれる揺るがない松田さんの素晴らしい人間性。物腰が柔らかで、それでいて正直で、一緒にいるときの時間や空気の流れが大好きです。本当に人としても憧れ、尊敬しています。


これからも生徒共々よろしくお願いいたします(^o^)





そして今回アップしたYouTube動画はお馴染みのフレミング八重くん(ちょっと今回の写真は数年前のですが…)今更ながらこの変わったアーティスト名の名付けの親は何を隠そう僕です(^w^)


なんか以前に彼から「女の子で産まれていたら“八重”という名前になる予定だった」みたいな話を聞き、そのまま使わせてもらいました。なのでやはり名付け親はご両親ですね。


そして意味不明な“フレミング”の方はその場のノリでつけたので全く理由は不明です。


そのうち精査してしっかりとご報告したいと思います(*^^*)




◆バンザイ ~好きでよかった~ (ウルフルズ cover)/フレミング八重+松本尚樹


…1996年発表のウルフルズの大ヒット曲です。ウルフルズは撮ってないけど「それが答えだ!」もレッスンしたかな。この突き抜け感が気持ちいいですね。


それにしても、このおじさんたち、レッスンというより休日感満載で、このまま終わったら飲みにでも行きそうな雰囲気ですね(´∇`)


しかし最後まで動画を観ると、なにごとも問題なく終了すると思いきや、また先日の紘平くんとの動画同様、先生のとんでもない失態を観ることになってしまいます。先生最近たるんでいますねー(気持ちもお腹も顔も…)


簡単に言うと最後のコードがCなのにGにいっちゃってます。あんなに八重くんがんばって弾いて歌ってくれたのに…(;O;)


ここで私が声を大にしてみなさんに言いたいことは…「いくらちゃんと演奏しても最後間違えちゃ絶対ダメ!」ということ。


…やかましい!おまえに言われたくない。そうです、そうなんです♪完全に言い訳です。


くれぐれもみなさんは間違えも言い訳もしないようにー。最後のコードは間違えないでねー!!(^w^)



◆青空(THE BLUE HEARTS cover)/フレミング八重+松本尚樹


…1989年発表のブルーハーツのシングル。この曲は八重くんが「これ弾きたい!」と持ってきたものです。懐かしい!歌詞が独特だけど、やはりいい曲ですね。


この曲が発売された年は僕は21才。僕は高卒で車のディーラーに営業として就職し、次に転職する損害保険会社に行くまでの間、駅前の貸しレコード屋さん(懐かしい!)で数ヵ月アルバイトしていた時期だと思います。


アルバイトの特典として、毎日たくさんのレコードを借りることができたので、この時期は旧譜から流行りの音楽までありとあらゆる音楽を吸収した時期でした。


一番はまって聴いていたのは意外や意外、後にホイットニーの旦那さんになるボビーブラウンや当時まだ新人のベイビーフェイスのようなブラックだったと思います。


よく友達とディスコ(!)やプールバー(これも死語!)に行ったり、楽しい毎日でした。でもダンスのセンスはまるでなし。今偉そうにリズムのとりかたなんかを教えてる自分が恥ずかしい~( ´△`)


おっとおっと、動画と全く関係なくてごめんなさい。ただただ思い出に浸ってしまいました~(*^^*)





◆M(プリンセス プリンセス cover)/フレミング八重+松本尚樹


…この曲も1989年発表シングル「Diamonds」のカップリングです。二曲とも大ヒットして、考えてみれば最強のシングルとなりましたね。

そして僕らの動画ですが、まず印象的なトントロ、基!イントロ。八重くんがんばって弾いてくれました。


歌声も力強くて
とてもいいと思います。プリプリというより、つるのさん寄りかな。


この曲も「青空」とほぼ同時期に発売になった曲ですが、やはり当時、プリプリは流星の如く現れたかなりかっこいい女の子バンドでしたね!


なにか新しいロックの風を運んできてくれたようなワクワク感がありました。


当時僕も先輩たちとバンドを組んでいてパートはベースでしたが、浜田麻里やBOOWYなどをカヴァーしていたのを覚えています。


あのプリプリも再結成もしたりしてがんばっていましたね。ストーンズもポールもイエモンも内田裕也も…やっぱりロックに年齢は関係なく、いつまでも現役でいられるものだと実感します。


僕も変わらずロックしていこうと思います。時々最後のコードもあやしくなるけど、そこはシェケナベイベー許してね!( ̄0 ̄)/





☆松本尚樹Websiteはこちら!  
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。