第1章      出会い (出逢い)

 

できごとに偶然はなく全ては必然である

 

僕の名は直樹 兵庫県に住む4人家族の長男

周りからみるとごく普通の家族

ただ・・・

両親は昔から喧嘩がたえず

その声を聞きながら生活をおくってきた

今でも思うがそのことにより

親から愛情を感じたことがあまりない

 

過去を振り返れば

母親の自殺未遂

両親の別居による転校からの転校さきでのいじめ

いじめを受けたことにより親が別居を辞めもとの学校に

しかしまた家庭事情により幼稚園から小学3年生までいた地元を離れ

 

違う学校へ転校

それがきっかけとなり幼稚園の年長から付き合っていた彼女と

連絡を取ることも少なくなり小学6年生のときに振られ

同じ小学6年生のときに同じ学校の子と付き合うも半年経たずに別れてしまう

 

中学1年生の終わりにまたも家庭事情で転校

だがここでまたいじめが

内容はクラスの女子全員から避けられるという

廊下などですれ違う時に僕にわかるようにオーバーアクションで避けるのだ

他には修正テープを貸してほしいと話しかけると即答で嫌と言われたり

それは次第にほかのクラスの女子にも広がり

薄々は感じていたが確信したのは

中学2年生の2学期だったと思う

 

 

 

この物語は中学3年生の春をすぎた頃から始まる

 

2010年 5

 

僕は一人孤独だった

仲の良い友人はいたし家族もいた

ただ一つ足りないもの それは・・・

 

愛情

 

誰からも必要とされてないんじゃないだろうか?

自分はなんのためにうまれてきた?

寂しい辛い。誰かに頼りたい

 

そんなことを時折考えていた

 

そんな時 自分の人生を変える出会いがあった

 

僕は話相手がほしくてメールアドレスを交換しあう

掲示板に自分のメールアドレスを載せた

 

色々な人からメールはきたが会話が続かなかったりした

ただ・・・1人だけ

1人だけ会話も続き自分の悩みを話し

相手の悩みも聞き相談にのるようなことができる人がいた

彼女の名前はAと呼ぶことにしよう

 

Aは沖縄県に住む三女の長女で親は離婚し母子家庭

 

Aとは車が好きという趣味や音楽が好きという

共通の趣味で話をしていたが

仲良くなり、しだいにお互いの悩みを打ち明ける関係に

そしてネット上だけの彼氏、彼女にならないかと僕が提案し

付き合うことに、それが201067日だった

 

そんな時、ある出来事が起きた

A:「1か月くらい携帯が止まるから連絡とれなくなる」

 

この時の記憶が曖昧で申し訳ないのだが

連絡がとれないということに2人はとてつもなく悲しみ

お互いに号泣していた

僕はAにこう話した

直樹:「連絡がとれるようになったらすぐに連絡がほしい」

Aはわかったといってくれた

 

このとき2人の間にネット上だけとかではなく

ただ素直に好きという感情が生まれていた

 

2人は携帯が止まるまでずっと号泣しながら電話やメールを続けた

 

そして連絡が取れるようになり

お互いは自然にネット上の彼氏、彼女から

本当の彼氏、彼女となっていった。

 

これが2人が出会いお互いの人生が交わった時のお話

 

そして

 

波乱万丈な物語(じんせい)の始まりだった。

 

次回

2章 Aの今・・・知らなかった生活